Home > タグ > クロコノマチョウ

クロコノマチョウ

’17-18 越冬蝶観察(3):舞岡周辺①②

仕事上の年末進行と少し体調を崩していたこともあり更新が滞りました。 未だ11月の記録ですが、再開します。

11月19日と12月2日に、舞岡周辺(横浜市栄区・戸塚区)を訪れました。
※11月19日は既記事の藤沢市大庭とはしご。

舞岡周辺①(’17年11月19日)

横浜市戸塚区、栄区、それぞれ1箇所ずつのポイントを訪問探索しました。

まず最初に訪れたのは横浜市栄区のポイント。 家を出たときにはよく晴れていたので活動中の越冬蝶観察を期待していましたが、 現地到着時には曇ってしまっており、活動している気配がありませんでした。

ムラサキツバメ越冬集団は、2箇所に分かれて形成されているのを確認しました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの葉上に形成された9頭の越冬集団
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
別のアオキの葉上に形成された、こちらは12頭の越冬集団

次に、横浜市戸塚区の「舞岡ふるさと村」のポイントへ移動しました。 ここでは3箇所にそれぞれ、7頭、2頭、1頭の越冬集団+個体が見られました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの樹には7頭の越冬集団が形成されていた。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
: SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
こちらもアオキ、2個体の小集団。(1個体はムラサキシジミ?)
ムラサキツバメ単独個体 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ単独個体
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
上の2つとはやや離れた位置の柑橘類の葉に単独越冬個体。

ムラサキツバメ以外には、横浜市栄区、横浜市戸塚区それぞれのポイントでクロコノマチョウが1頭ずつ見られました。 写真は横浜市栄区のポイントで撮影した個体。

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 横浜市栄区
クロコノマチョウ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
飛び出すまで存在にまったく気付かず。

この日はこの後、藤沢市大庭②へ転戦しました。

舞岡周辺②(’17年12月2日)

12月2日に再訪しました。
この日は11月19日のポイント2箇所にもう1箇所加え、計3箇所のポイントを訪問・探索しました。

まず最初に、前回と同じ横浜市栄区のポイントを訪れると、 ごまさんほか3名の同好の方がいらっしゃいましたので、 いろいろお話しを伺いながら楽しく観察・撮影しました。

このポイントの越冬集団は2箇所で変わらずでしたが、好天だったこの日はほとんどの個体が飛び出しており、 最初はそれぞれ2頭ずつしか残っていませんでした。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
11月19日に9頭だった越冬集団。 この日は当初2頭でしたが、昼過ぎから次々に戻ってきて最終的に12頭になりました。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
11月19日に12頭だった越冬集団。 こちらもこの日は当初2頭でしたが、最終的には8頭まで回復しました。

次に、ごまさんから「2箇所集団あり」と情報を得た、 前回は訪れなかった横浜市栄区のポイントへ移動しました。 (ごまさん達とはいったん別れました) 訪れてみると、なるほど背の高さに差し出されたアジサイの葉上に7頭、 アオキの4mほどの位置には8頭のムラサキツバメ越冬集団が出来ていました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
大きなアジサイの葉に小さく7頭集団。落葉樹のアジサイは仮宿に過ぎません。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
高所のアオキには8頭集団。

最後は、11月19日と同じ横浜市戸塚区(舞岡ふるさとの森)のポイントへ移動します。 ここで、いったん別れたごまさん達と再び一緒になりました。 (待ち合わせた訳ではない)

まず、11月19日に7頭だったアオキの越冬集団は、順調に個体数が増えて15頭になっていました。 一方、アオキの2頭集団と柑橘類の単独個体は居なくなっていました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの15頭集団。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
11月19日の2頭集団は無くなって、代わりに別の2頭集団が見つかりました。

シュロの葉が重なった奥に、何やら怪しい雰囲気なことに気付きました。 とりあえず撮ってみて、撮れた写真を拡大して確認します。
…どうやら、ムラサキツバメ越冬集団のようですね。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
とりあえず9頭確認できますが、奥のほうにもう数頭隠れていても可笑しくない感じです。

この日は好天だったため、越冬集団以外に多数の開翅個体も撮影できました。 最後にまとめて掲載します。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ♀開翅
ムラサキツバメ♂開翅
ムラサキツバメ♀開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
越冬集団に戻る前に、陽当たりの良い場所で開翅する個体が多い。
ムラサキシジミ♂開翅
ウラギンシジミ♀開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
途中、ムラサキシジミやウラギンシジミも現れ開翅してくれた。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ♂開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ♂開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
アジサイの越冬集団に戻る前に開翅する個体たち。

’17年6月上旬:早野-ミドリシジミ

6月3日。
午前中(とはいえ10時過ぎ)から早野へ。そろそろミドリシジミに期待しても良いでしょう?

ミドリシジミ

ミドリシジミは♂×3個体が見られました。 そのうち1個体は飛翔個体を遠距離から目撃しただけなので、写真撮影できたのは2個体。 残念ながら開翅は無し。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX DG
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG

オオミドリシジミ

後ろ姿しか撮れませんでしたが、オオミドリシジミの♂も1個体現れました。

オオミドリシジミ | Favonius orientalis | 川崎市麻生区
オオミドリシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
トリミング有

その他の蝶

アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミの個体数が増えていない印象。 遅れているのか、タイミングが悪いのか、今年は個体数そのものが少ないのか…。

ルリシジミが多い。

ハンノキ林の林床でヒメキマダラセセリが複数個体見られた。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
普通種だが数年ぶりに見た気がする。トリミング有

クロヒカゲはそろそろ発生末期のはずだが、まだそれなりの個体数が見られた。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
クロヒカゲ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒカゲチョウの発生も始まったようなので、クロヒカゲは間もなく姿を消すはず(だと思ったのに今年はしぶとい)。

クロコノマチョウの越冬個体はまだ見られる。

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 川崎市麻生区
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
越冬明けで6月だというのに、それほどには汚損してない。

他にはダイミョウセセリ、サトキマダラヒカゲ、キタキチョウ、テングチョウが見られた。

’16秋のクロコノマチョウ観察⑨

10月23日。
大和市の泉の森にて、クロコノマチョウの当日羽化個体を撮影。

泉の森にはジュズダマが多く、これまでにも何度かクロコノマチョウを見ているが、幼虫や蛹、当日羽化個体を見つけたことは無かった。今回が初めて。

クロコノマチョウ(当日羽化個体) | Melanitis phedima | 神奈川県大和市
クロコノマチョウ(当日羽化個体)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
クロコノマチョウ(当日羽化個体)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
蛹の脱け殻が見える。

Home > タグ > クロコノマチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る