Home > タグ > ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ

’18年6月17日:ハヤシミドリシジミ

6月17日、陣馬山にて。

11時半頃に山頂到着、どんよりした曇天。
まずは広い山頂草原を一巡りしてみましたが、見つかったのはミズイロオナガシジミが2頭だけでした。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 相模原市緑区
ミズイトオナガシジミ
ミズイトオナガシジミ
ミズイトオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

1頭開翅していたが。目線よりも少し高い位置で微妙に表翅が撮れない。 EVFを諦めて背面LCDで狙うがピン甘写真を量産しただけだった。

13時頃になって、ようやく時折陽が射すようになると、ウラギンヒョウモンやアカタテハが出てきた。 但し、陽が射しているのはごくわずかな時間だけで、陽が陰るとまたどこかへ潜り込んでしまう。 写真は無いが、キアゲハも1頭視認した。

ウラギンヒョウモン | Fabriciana adippe | 東京都八王子市
ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラギンヒョウモン
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
ヤマ・サトの区別は放棄(分からない)
アカタテハ | Vanessa indica | 東京都八王子市
アカタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ちょうどキアシドクガの発生ピークのようであった。

キアシドクガ | Ivela auripes | 東京都八王子市
キアシドクガ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

蟲を咥えてドヤ顔をしているこの子は、いつものシジュウカラとちょっと違う。 ヒガラでしょうか。

ヒガラ | 相模原市緑区
ヒガラ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ハヤシミドリシジミもウラミスジシジミも見られなかったが、こんな日もある。 14:30を過ぎたので下山しようか。

下山準備を整えて歩き出した矢先に、下草に静止したハヤシミドリシジミが目に飛び込んできた。 ここは、さっきウラギンヒョウモンを撮るために何度も覗き込んだ場所。 さっきまでは居なかったはず…。

ハヤシミドリシジミ | Favonius ultramarinus | 東京都八王子市
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ウルトラマリンの開翅写真まで撮れてしまった。 気を良くして、下山前にもう一度山頂広場を一巡りすると、もう1頭ハヤシミドリシジミが見つかった。 但し、この子は右前翅が根元近くで折れてしまっていた。

ハヤシミドリシジミ | Favonius ultramarinus | 相模原市緑区
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
ハヤシミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

失意のまま下山しようとした矢先に、大本命が現れ、綺麗な開翅写真まで撮れてしまった。 来て良かった。大満足。

’18年5月26日:ミズイロオナガシジミの斑紋異常型

5月28日。
午後は、ミドリシジミを探すために新治から早野に移動した。

ミドリシジミは1頭しか見つからず、それも木道から距離が遠くて証拠写真が精一杯だった。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
かなり大胆にトリミングした。

むしろ、ミズイロオナガシジミの斑紋異常型が出迎えてくれた。

ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型) | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

もう1頭、ミズイロオナガシジミ。こちらの斑紋は通常。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

栗の木にアカシジミが来ていたが、もうだいぶボロボロだ。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市麻生区
アカシジミ
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミは見られなかった。

ハンノキ林の林床には。前週にも見られたヒメキマダラセセリ。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲが半開翅しました。 間もなくヒカゲチョウのシーズンという割りに痛みの少ない個体。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウの吸水個体が居たので、翅裏を撮った。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

最後にクロアゲハの吸蜜個体が現れたが、後翅が大破していた。

クロアゲハ | Papilio protenor | 川崎市麻生区
クロアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アワブキの葉にアオバセセリ幼虫の巣の跡はあるのですが、幼虫は居ない。

アオバセセリ(幼虫巣跡) | Choaspes benjaminii | 川崎市麻生区
アオバセセリ(幼虫巣跡
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月26日:オオミドリシジミが見られた…が、降りてこない。

5月26日。
オオミドリシジミを求めて、2週連続で新治市民の森へ。 今回は前週もいらした横浜の蝶図鑑さんのほか、 たくさんの同好者が集まっていた。

曰く、「居るけど、曇ってて降りてこない」

なるほど、樹冠部でくるくる卍飛翔している様子が何度か見られたが、降りてこない…。 結局一度も降りてくることなく終了。ポイントを移動することにした。

ハンノキ林では、前週は長靴がないと拝むことすらできなかったミドリシジミが、 今回はやや遠めながら長靴がなくても見ることが出来ました。 明るいところでA型の♀が1頭開翅してくれたのが良かった!

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 横浜市緑区
ミドリシジミ(♀開翅)
ミドリシジミ(♂)
ミドリシジミ(♂)

複数頭見られたミズイロオナガシジミは、1頭が開翅してくれました。 もう少し上から撮れたら良かったのですが、角度を変えようとしたら飛ばれてTHE ENDでした。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 横浜市緑区

ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ
ミズイロオナガシジミ(開翅)

開翅繋がりでは、ウラギンシジミの♂も目の前で開翅してくれました。

ウラギンシジミ | Curetis acuta | 横浜市緑区
ウラギンシジミ(♂開翅)

ヒカゲチョウのめっちゃ綺麗な個体が現れました。 足場が傾斜していて葉被りを避けるポジショニングが出来なかったのが残念。

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 横浜市緑区
ヒカゲチョウ

クヌギの上の方でゴマダラチョウが吸汁しているのを同好者の方が見つけてくれました。 だいぶ翅が痛んでますが。ゴマダラチョウというだけで嬉しい。

ゴマダラチョウ | Hestina persimilis japonica | 横浜市緑区
ゴマダラチョウ

帰り際に、オオミズアオを見つけました。

オオミズアオ | Actias aliena | 横浜市緑区
オオミズアオ

なお、この日は高所撮影用(インターバル撮影)の4.5mの磯玉柄を現地に置き忘れてきてしまいました。 後日再訪した際に探しましたが、当然見つからず。orz

Home > タグ > ミズイロオナガシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る