Home > 川崎市麻生区 | 6月上旬 > ’18年6月2日:ミドリシジミ

’18年6月2日:ミドリシジミ

6月2日。
新治から早野へ移動してミドリシジミを探した。

最初に見つけた個体。アジサイの葉上でモジモジ翅を摺り合わせていたが、すぐにパッと飛び立った。♂個体。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

さらに歩を進めていると、頭上から1頭舞い降りてきて下草に静止した。 この個体はしばらくの間、小飛して少しずつ場所を変えつつ、何度も開翅してモデルになってくれた。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
頭上から舞い降りてきたミドリシジミ♂。
ミドリシジミ
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
小飛して場所替えしたあと、おもむろに開いた!…が、あっち向いてるので輝きが少ない。
ミドリシジミ
ミドリシジミ
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
再び小飛して…、開いた!目も眩むような輝き!(ミドリシジミにしては青く撮れてしまったけど)
ミドリシジミ
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
その後も小飛・開翅を何度か繰り返した後、飛び去った。 何とか翅全体を輝かせようとするのですが、難しい。 後から数えて2枚目の写真がベストショットか。

最後に見つけた3頭目も開きませんでしたが、飛び立った瞬間に緑色の煌きが見えたので♂でした。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ

午前中に新治でメスグロヒョウモンを見ていたので、栗の花のポイントではメスグロヒョウモンを期待しましたが、 テングチョウの訪花個体のみでした。

テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ハンノキ林の林床にはアゲハモドキも見られました。

アゲハモドキ | Epicopeia hainesii | 川崎市麻生区
アゲハモドキ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://field-notebook.net/204/trackback
トラックバックの送信元リスト
’18年6月2日:ミドリシジミ - field-notebook.net より

Home > 川崎市麻生区 | 6月上旬 > ’18年6月2日:ミドリシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る