Home > タグ > ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ

生田緑地のアオバセセリ <’15/04/29>

4月29日の生田緑地。
2年振りに生田緑地のアオバセセリに逢いに行った。(昨年も行ったがフラれた)

行ってみると、ヒメウツギのポイントにはフィールドノートのtheclaさんをはじめ見覚えのある同好者が何人も。(そろそろきちんと挨拶してお名前を覚えるようにしないと駄目かな?)

そしてお目当てのアオバセセリも何度かポイントに降臨してくれました。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
素早く動くのでシャッタースピードを早めにすると、やや暗めの環境なので露出はF2.8になってしまう。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

多少ピントを外すのを覚悟でゾーンAFで撮りまくって後からピックアップしたのですが、 ピントがまあまあ合っている写真は大体横向きの写真ばかり。難しい。

一番ピントがばっちり眼に合っていると思われる写真がフレームに収まっていなかったので、 思い切って頭部を中心にトリミングしてみた。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

現地ではLED懐中電灯の ThruNite® TN36 CW も使ってみた。 カメラ用、ビデオ用のLED照明とは違うので、皆さん興味津々で見ているようだった。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
LED懐中電灯を照射すると翅が通常の色とがらっと変わり、やや緑がかった輝きを放つ。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM+ThruNite® TN36 CW

これはこれで面白いんだけど、出来ればも少しニュートラルな色味に照射出来ないものだろうか。

アオバセセリのほかには、これまた常連のアオスジアゲハが吸蜜に訪れていた。

アオスジアゲハ | Graphium sarpedon | 川崎市多摩区
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

途中、園内も一周してみたところ、尾根筋の自然探勝路で毎年発生しているコジャノメに逢えた。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市多摩区
コジャノメ
発生から少し経った個体らしく、ぴかぴかの完品とはいかなかった。
※SONY α77II+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

谷間の自然探勝路の木道手摺りをゼフィルスの幼虫が這っていた。 蛹化場所を探しているのか、運悪く落ちてしまっただけなのか。

ウラナミアカシジミ(?) | Japonica saepestriata | 川崎市多摩区
ウラナミアカシジミ(?)の幼虫
帰ってから調べたところ、どうやらウラナミアカシジミの幼虫らしい(?)
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

一周した後、ヒメウツギのポイントに戻ってもう一度アオバセセリの登場を待ったが、今度はなかなか来ない。 そのうちにお昼を過ぎたので、多摩川に移動することにした。

6/9 早野(2):ミドリシジミ以外の蝶

6月9日。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

ミドリシジミのポイントの栗の花に来ていたウラナミアカシジミはだいぶスレが目立った。 順調にミドリシジミの開翅写真が撮れていれば、ウラナミアカシジミのポイントも回ってみるつもりだったが…。

ムラサキシジミ | Narathura japonica | 川崎市麻生区
ムラサキシジミ
RICOH R8

このムラサキシジミは、もう新成虫でしょうか?

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 川崎市麻生区
ヒカゲチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

朝から何頭か新鮮なヒカゲチョウを見ていたが、撮れているのはまったくよろしくない写真ばかりでした。 今度撮り直さないと。

5/31 早野(2):その他ゼフ2種

5月31日。

ウラナミアカシジミ三昧の早野でしたが、数頭(4~5頭)ですが、新鮮なミズイロオナガシジミにも出逢えました。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミズイロオナガシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ウラナミアカシジミと同じクヌギ若木のポイントにて。2頭は別個体です。

前記事(ウラナミアカシジミは)延べで50を優に超える個体数を確認したと書いたが、 その間アカシジミにはまったく出逢わなかった。帰り際、最後の最後になって、ようやく1頭だけアカシジミに出逢った。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市麻生区
アカシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
撮影時刻のタイムスタンプは「2014/05/31 17:24」。最後の最後になって、ようやく出逢った唯一のアカシジミ。 おかしい。今年はアカシジミ不作なのか?

前回訪問時に見つけた3つの蛹のうち、 高枝にあった2つめの蛹は、風で枝がそよいでいて確認できなかった。 3つめの色が変わりかけていた蛹は、思った通り羽化が近かったらしく抜け殻になっていた。 唯一、1つめの蛹だけ中身入りでまだ残っていた。

ウラナミアカシジミ(たぶん)の蛹 | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ(たぶん)の蛹
色が変わっている。羽化間近かのようだ。

ミドリシジミの発生状況も一応確認したが、発生は確認できなかった。

Home > タグ > ウラナミアカシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る