Home > タグ > ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ

’18年5月19日:ウラナミアカシジミ・ミズイロオナガシジミ・ミドリシジミ

5月19日。
ウラナミアカシジミをまだ見ていない。ミドリシジミもそろそろ出てるだろう。
ということで、早野を訪れました。

ウラナミアカシジミは初見でききましたが、例年と比較すると極端に個体数が少ない。 多産ポイントの龍ヶ谷池周辺・龍ヶ谷の丘をひと巡りして1頭しか居ないとは…。 タイミングが合わなかっただけなら良いのですが。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ
RICOH CX2

ミズイロオナガシジミも出ていましたが、これも1頭しか見つからない。少ない。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アカシジミのスレ個体は何頭か見つかりましたが、これも少ない気がする。 何が例年と違うんだろう…。 そもそも例年と時期が違いますが、まだこれからダラダラ発生するのかな。

ハンノキ林のミドリシジミは2頭見ることができた。 1頭目の♂は数メートル先の林床から飛び出し、十数メートル先の枝に停まりました。 一応撮ってありますが、お見せできるレベルの写真ではないので没。 2頭目は2mくらいの高さの枝に静止していた、こちらも♂。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

オオミドリシジミには出逢えなかった。

その他の蝶

ルリシジミが多く見られた。

ルリシジミ | Celastrina argiolus | 川崎市麻生区
ルリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

新生テングチョウも見られ、飛び方から羽化間もないと思われる個体も見られた。

テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウ、キタテハの訪花個体が見られた。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタテハ | Polygonia c-aureum | 川崎市麻生区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲは最盛期を過ぎた。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

サトキマダラヒカゲが飛び始めた。

サトキマダラヒカゲ | Neope goschkevitschii | 川崎市麻生区
サトキマダラヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’17年5月下旬:早野-平地ゼフ探索②

5月27日。
アカシジミ、ウラナミアカシジミの個体数が増えていることを期待して再訪。

…あんまり個体数が増えてない。
ウラナミアカシジミは2個体のみ、アカシジミに至っては目撃個体数0。 17時過ぎからの探索だった24日よりも少ないって、どうなのか。
写真は撮れませんでしたが、今期ゼフ3種目のミズイロオナガシジミを目撃できたのが良かったくらい。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

他には、ヒカゲチョウの発生が始まっていたのと、アオバセセリの幼虫巣を教えていただいて撮りました。

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 川崎市麻生区
ヒカゲチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
アオバセセリ(幼虫巣) | Choaspes benjaminii | 川崎市麻生区
アオバセセリ(幼虫巣)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
アオバセセリは毎年GWに生田緑地へ見に行きますが、早野にも居るとは知りませんでした。

’17年5月下旬:早野-ゼフ発生

5月24日。(少し遡りました)

この日、アカシジミ(1個体)とウラナミアカシジミ(3個体)を今期初見しました。 まともな写真が撮れたのはウラナミアカシジミ1個体のみでしたが。

他にはヒメジャノメ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ、ツマグロヒョウモンなどが見られたほか、里山奥の桜のひこばえでヒメヤママユの終齢幼虫を見つけました。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ
RICOH CX2
ヒメジャノメ | Mycalesis gotama | 川崎市麻生区
ヒメジャノメ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
サトキマダラヒカゲ | Neope goschkevitschii | 川崎市麻生区
サトキマダラヒカゲ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒメヤママユ(終齢幼虫) | Saturnia jonasii | 川崎市麻生区
ヒメヤママユ(終齢幼虫)
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

Home > タグ > ウラナミアカシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る