Home > タグ > ウラゴマダラシジミ

ウラゴマダラシジミ

’17年6月上旬:寺家・三輪-ウラゴマダラシジミ

6月3日。
午後やや遅めの昼食を摂った後、鶴見川対岸の寺家・三輪へ移動しました。

早野では数が見られないアカシジミがこちらでは多数見られるのはどうしたわけなのか。

アカシジミ | Japonica lutea | 横浜市青葉区・東京都町田市
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
アカシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
数が多いのは良いが、鮮度はもうだいぶ痛んでいる個体が多い。

ふと目を上げると、ウラゴマダラシジミが静止していた。今年初見。 これで一応、今年は平地産ゼフィルス6種をコンプリートできたことになる。 コンプしたのは初めてかもしれない。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都町田市
ウラゴマダラシジミ
RICOH CX2

ウラゴマダラシジミとアカシジミの幼虫

4月20日。
夕方16時過ぎから生田緑地へ。日が長くなったとはいえ、16時過ぎとなると蝶の姿は無い。

蝶は好きだけど幼虫の食樹の見分けがつかないのが悩みのタネでしたが、ようやくイボタノキの区別が付くようになり、ウラゴマダラシジミの幼虫を3幼見つけました。

ウラゴマダラシジミ(幼虫) | Artopoetes pryeri | 川崎市多摩区
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
イボタノキ2株から3幼を見つけました。模様では3齢か終齢幼虫のようです。 体長は10mm強、終齢になりたてくらいでしょうかね?

アカシジミの幼虫も木道手摺り上を這っていました。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市多摩区
アカシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
終齢幼虫のようです。 木道手摺り上を這っていましたが、体長はまだ12~13mm程度でしたので食樹から落ちてしまったのでしょうか。

ネット上の飼育記録を参考にすると、どちらも終齢脱皮~蛹化までは10日前後、蛹化~羽化も10日~2週間程度のようです。 だとすると、5月早々にも蛹化、5月中旬には羽化してくる計算になります。 今年のゼフシーズンは相当前倒しになるのでしょうか。

その他

1月27日に見つけていたアゲハチョウ科の蛹。確認してみたら羽化済みでした。

アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み) | 川崎市多摩区
アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み)

未同定の蛾。

蛾(未同定) | 川崎市多摩区
蛾(未同定)

5/31 舞岡公園(1):ウラゴマダラシジミ

5月31日。
ウラゴマダラシジミを主目的に舞岡公園を訪れた。 例年、ウラゴマダラシジミ目的では新治市民の森と生田緑地へ行っていたのだが、一昨年-昨年と2年連続で出逢えなかったので、今年は河岸を変えてみた。

到着直後、狐久保の入口付近でウラゴマダラシジミに出逢った。 初っ端から目的達成。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 横浜市戸塚区
ウラゴマダラシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
2011年に新治市民の森で撮ったときは300mmの望遠、2010年に西丹沢で初見したときはまだRICOH R8だったから、 αのマクロで撮るのは初めてだ。感激だなあ。
ウラゴマダラシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
夢中になって撮影していると、おおっ♪ あっさり開翅を始めてくれた。 今日のベストショットはこれかな?
ウラゴマダラシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ウラゴマダラシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
小飛して場所を変えたものの再び開翅。閉翅写真がほとんど無い…と言うのは贅沢か。

半日、舞岡公園内をあちこち歩き回ったけど、ウラゴマダラシジミに逢えたのは結局これ1頭きり。 でも、大満足。

Home > タグ > ウラゴマダラシジミ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る