Home > タグ >

ウラゴマダラシジミとアカシジミの幼虫

4月20日。
夕方16時過ぎから生田緑地へ。日が長くなったとはいえ、16時過ぎとなると蝶の姿は無い。

蝶は好きだけど幼虫の食樹の見分けがつかないのが悩みのタネでしたが、ようやくイボタノキの区別が付くようになり、ウラゴマダラシジミの幼虫を3幼見つけました。

ウラゴマダラシジミ(幼虫) | Artopoetes pryeri | 川崎市多摩区
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
イボタノキ2株から3幼を見つけました。模様では3齢か終齢幼虫のようです。 体長は10mm強、終齢になりたてくらいでしょうかね?

アカシジミの幼虫も木道手摺り上を這っていました。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市多摩区
アカシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
終齢幼虫のようです。 木道手摺り上を這っていましたが、体長はまだ12~13mm程度でしたので食樹から落ちてしまったのでしょうか。

ネット上の飼育記録を参考にすると、どちらも終齢脱皮~蛹化までは10日前後、蛹化~羽化も10日~2週間程度のようです。 だとすると、5月早々にも蛹化、5月中旬には羽化してくる計算になります。 今年のゼフシーズンは相当前倒しになるのでしょうか。

その他

1月27日に見つけていたアゲハチョウ科の蛹。確認してみたら羽化済みでした。

アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み) | 川崎市多摩区
アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み)

未同定の蛾。

蛾(未同定) | 川崎市多摩区
蛾(未同定)

’14-15 越冬蝶探索|新治市民の森 (12/28)

12月28日。
この日は、それぞれ近接の三保市民の森・新治市民の森・四季の森公園を探索した。

越冬蝶は新治市民の森で見つけたウラギンシジミ1個体のみでした。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 横浜市緑区
ウラギンシジミ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
葉裏を好むウラギンシジミにしては、思いきり露出した場所で越冬していましたが…。 まあ陽当たりは非常によろしかったので、暖かい日にどこかへ移動するでしょう。

他に蝶はまったく見られなかったので、四季の森公園で見つけたウスタビガの繭でも載せておきましょう。 できれば繭ではなく、11月頃に成虫にお目にかかりたいものです。 (中学の頃は毎年観察していましたが、卒業以来見ていません)

ウスタビガ(繭) | 横浜市緑区
ウスタビガ(繭)
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
成虫の発生時期はとっくに終わっているので空のはずですが、表面の黒い異物が気になります。 寄生性の何かの脱出痕に見えなくもない。だとすると羽化できなかった繭ということになりますが…。
<2015/01/13追記>
ウスタビガ繭表面の黒い異物ですが、これが実はウスタビガの卵なんだそうです。 Twitterで教えていただきました!(感謝)

フユシャクでも見つからないかと思ったのですが、そうは問屋が卸しませんでした。

他には、新治市民の森でヤマガラの単群に遭遇しました。 ですが、あまり良い写真は撮れていません。

ヤマガラ | 横浜市緑区
ヤマガラ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

同じく新治市民の森ですが、メジロが2羽、夏蜜柑の実を食べに来ていました。

メジロ | 横浜市緑区
メジロ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

今シーズンの新規の越冬蝶探索は、この日でお終いにすることにしました。 但し、観察中の世田谷区(砧公園)と横浜市栄区のムラサキツバメ越冬集団は、この後も観察を継続していきます。

’14-15 越冬蝶探索|遠藤笹窪谷戸 (12/13)

12月13日。
今冬のムラサキツバメ越冬集団探索は不調です。 昨年までに実績のある場所はすべて探索しましたが、越冬集団を見つけられたのは砧公園の集団のみです。 横浜市栄区のポイントでは集団が形成されつつあるようですが、 あそこはごまさんの【暖蝶寒鳥】で様子が分かるので後回しにして、 何とか自力でもう1箇所集団を発見したいものです。

そんな考えで、この日は藤沢市の遠藤笹窪谷戸を初めて訪れました。

南東から北西へ一直線に伸びる谷戸の北側を歩いていきます。 まず最初に出てきたのはヒメアカタテハ(だと思う)。 陽だまりの草地に降りて翅を開いたようでしたが、金網のはるか向こうで残念ながら証拠写真すら撮れず。

次に椿の葉裏にウラギンシジミの越冬個体を見つけました。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 神奈川県藤沢市
ウラギンシジミ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
いろいろ角度を変えてみましたが、手前の葉を避けて撮れる撮影位置が見つからず。

陽当たりの良い林縁の至る所でクロスジフユエダシャクがゆるやかに飛び交っていました。 翅を失った雌が見つからないものかと探しましたが、見つかりませんでした。

クロスジフユエダシャク(♂) | Pachyerannis obliquaria | 神奈川県藤沢市
クロスジフユエダシャク(♂)
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
フユシャクの♀を見つけるのは悲願。(♂もろくに探したことはないけど。でも昼間飛ぶクロスジフユエダシャクの♂はよく見かけますね)

谷戸の最奥部に到達した後は戻ります。 うーん。何箇所か「このへんはどうだろう?」という場所はありましたが、 きれいに一直線に伸びる谷戸形状のせいか「ここだろ!」と確信を持てる場所がありませんねえ。

とはいえ、最後の最後に単独越冬中のムラサキツバメ♂を見つけました。 但し、落葉樹なので継続観察には適していません。(継続観察しません)

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(♂)
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ(♂)
ムラサキツバメ(♂)
RICOH CX2
陽当たりの良い樹で今にも飛び出しそうな場所に見えましたが、 風に翻弄されながらも葉上でじっとしていました。気温が低すぎるのでしょうか。 撮影中は気付きませんでしたが、風に煽られて一瞬開いた翅表が偶然写っていました。♂です。

結局、見られた蝶はわずか3個体。やや期待外れの探索結果に終わった。

Home > タグ >

Feeds
Meta

ページの上部に戻る