Home > タグ > キタキチョウ

キタキチョウ

’18年3月24日:スプリング・エフェメラル(2)

3月24日。
コツバメを撮り直したかったのと、ミヤマセセリは♀が出ているだろうと、前回と同じ新治市民の森を再訪したが、 曇りがちな天候で蝶の出が悪く、消化不良な一日に終わりました。

一番の目的だったコツバメは、まったく出て来なかった訳ではないようですが、私とはタイミングが合わずにすれ違いに終わりました。今週末もう一回再チャレンジかなあ。

前回♂ばかりだったミヤマセセリは♀がちゃんと出ていました。 但し、もう飛び古した個体も目に付きましたが…。 天候のせいで綺麗な個体が飛び出してこなかっただけかな?

ミヤマセセリ♀ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♀
ミヤマセセリ♀
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

晴れ間が覗くと現れますが、日がかげるとぱたっと居なくなります。 なので、撮れたといってもやはり消化不良気味。

ミヤマセセリ♂ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

前回撮れなかったスジグロシロチョウが、今回は一応撮れました。

スジグロシロチョウ | Pieris melete | 横浜市緑区
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

新生蝶では、前回見られなかったルリシジミが出ていました。 数も少なくなかったですが、停まらない、吸蜜個体は逆光等で撮影チャンスが無く、写真がありません。

越冬蝶では、相変わらず個体数が多かったのはルリタテハ。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
ルリタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

次に多かったのはテングチョウ。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

他にはキタテハ、キタキチョウが見られました。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタキチョウ | Eurema mandarina | 横浜市緑区
キタキチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

常見谷戸で蛇が居たので、10mm魚眼で撮影。 もう少し寄ると迫力が出たと思うけど、蛇の動きにびびって後ずさってしまい、その隙に写真手前の洞に逃げ込まれました。

蛇 | 横浜市緑区
蛇
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

’16-17 越冬蝶観察①:東高根森林公園

※一度投稿済みの記事を全面的に書き換えました。

’16-17の越冬蝶観察状況を観察地ごとにまとめます。
最初は東高根森林公園から。

自宅から近いので観察回数は多いようですが、 ほとんど夕方16時過ぎにしか時間が取れない水曜日に苦肉の策で訪れたものです。 好天の日の朝のうちに来園すれば、ムラサキシジミがそこかしこで開翅する姿が見られる公園なのですが、 今シーズンはこの公園で一度もムラサキシジミを観察していません。

’15-16シーズンにこの公園で初めてムラサキツバメ越冬集団を観察したので、 今シーズンも期待したのですが、残念ながら集団形成は見られませんでした。 (ムラサキシジミ同様、個体の観察すらできませんでした)

一方、’15-16シーズンには年末までに全観察個体をロストしてしまったウラギンシジミの越冬個体については、 年明けの1月4日時点でも11個体を継続観察できています。

観察日 10月30日 11月30日 12月7日 12月21日 12月27日 1月4日
個体数 25 17 24 31 14 11

年末に数が減ったのは昨年と共通ですが、 これはここ数年順次行われている湿性植物園の木道改修工事の影響があると考えています。 今シーズンは工事の影響を受けないエリアに観察個体が残っています。

ウラギンシジミ越冬個体(抜粋)

稲作田ゾーンの非常に観察しやすい位置に12月7日から継続観察中の個体があります。 12月に何度か20度前後まで気温の上がった日がありましたが、じっと休眠を続けています。

ウラギンシジミ(稲作田ゾーン) | Curetis acuta paracuta | 川崎市宮前区
ウラギンシジミ(12月7日)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ウラギンシジミ(1月4日)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

花木広場下部の比較的近接したアオキ葉裏に2箇所計5個体(2+3)のウラギンシジミ越冬個体を見出したのが12月7日。 その後12月21日に4個体(2+2)、12月27に4個体(2+2)と来て1月4日に2個体(0+2)と推移しました。
1月4日時点で生き残っている2個体の写真のみ掲載。

ウラギンシジミ(花木広場下部) | Curetis acuta paracuta | 川崎市宮前区
ウラギンシジミ(1月4日)
ウラギンシジミ(1月4日)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

古代植物園や花木広場上部で当初見られたウラギンシジミ越冬個体は、冬が本格化するにつれて姿を消していきます。 (暖かい日に、風などの影響を受けにくい谷戸底部へ移動するのだと考えています)
その花木広場上部の地上わずか十数センチの位置で越冬継続している個体が居ます。

ウラギンシジミ(花木広場上部) | Curetis acuta paracuta | 川崎市宮前区
ウラギンシジミ(12月21日)
ウラギンシジミ(1月4日)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
実は12月27日に一度ロストしていたのですが、場所が分からなくなっていただけのようです。

キタキチョウ越冬個体

例年花木広場付近で観察できるキタキチョウの越冬個体が今シーズンは全く見られません。 最後に観察したのは、10月30日の羽化直後個体でした。 羽化直後のキタキチョウを観察したのは初めてなのでそれは嬉しいのですが、 越冬個体がまったく見つからないのが気がかりです。

キタキチョウ(羽化直後個体) | Curetis acuta paracuta | 川崎市宮前区
キタキチョウ(羽化直後個体)

’14秋 東高根森林公園のクロコノマチョウ⑫ (11/2)

11月2日。

クロコノマチョウ(成虫①) | Melanitis phedima | 川崎市宮前区
クロコノマチョウ
SONY α77II + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
湿生花園ポイントにて撮影。木道から遠かったので180mmマクロで撮りました。
クロコノマチョウ(成虫②) | Melanitis phedima | 川崎市宮前区
クロコノマチョウ
SONY α77II + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
湿生花園ポイントにて撮影。この個体も木道から遠く180mmマクロで撮影。
クロコノマチョウ(成虫③) | Melanitis phedima | 川崎市宮前区
クロコノマチョウ
SONY α77II + APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX DG
湿生花園ポイントにて撮影。この個体は180mmマクロを2xテレコンで360mmにしてもこの程度にしか撮れない距離。 しかも盛大な草被りでしたが、羽化直後個体のようでしたので無理して証拠写真だけ撮影。
クロコノマチョウ(成虫④) | Melanitis phedima | 川崎市宮前区
クロコノマチョウ
クロコノマチョウ
SONY α77II  + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
湿生花園ポイントにて撮影。ようやく90mmマクロで接写できる羽化直後個体に遭遇。(他の撮影者が誰も居なくなった後で独り占め♪) まさに羽化して翅を伸ばした直後、まだ翅が固まっていない様子の個体でした。 1枚目は内蔵フラッシュ有、2枚目は無しで撮影。
クロコノマチョウ(成虫⑤) | Melanitis phedima | 川崎市宮前区
クロコノマチョウ
SONY α77II  + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
湿生花園ポイントにて夕方探索時に撮影。日中に新たに羽化したようです。

雨上がりのこの日は、成虫の羽化ラッシュだったようで成虫5個体を確認することが出来ました。 但し、顔馴染みの方の話では①~②の2個体も最初は最初は木道から近い位置に居たものが小飛して移動してしまったものらしく、 (要するに刺激しすぎて遠くに追いやったということなので)10:00スタートでは遅すぎたようです。
蛹の確認もしてきましたが、成虫だけで5個体も報告できたので今回は割愛します。

あと、夕方(日没後)にウラギンシジミ×2個体とキタキチョウ×1個体の休息個体を見つけて撮ってきたので載せておきます。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 川崎市宮前区
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
公園入口付近にて撮影。
キタキチョウ | Eurema mandarina | 川崎市宮前区
ウラギンシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
公園入口付近にて撮影。

Home > タグ > キタキチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る