Home > 横浜市緑区 > 早春の里山(新治市民の森)

早春の里山(新治市民の森)

4月13日。

コツバメ初見は4月7日の石砂山で既に果たしましたが、先週末に初めて知った常見谷戸が気になったので再訪。
結果的にこの日コツバメは見られませんでしたが、現地でお話した方からコツバメポイントを教えていただけたので、来年こそは逢えると思います。(ちなみに、ポイント予想は間違っていませんでした)
※余談ですが、上の ”ポイントを教えていただいた方” とは5月3日に生田緑地で再会しました。ご縁があるようですw

ということで、この日の成果。ミヤマセセリは♀が最盛期になっていました。

ミヤマセセリ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
うん、綺麗。
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
♂はだいぶくたびれた個体が多くなっていました。写真は割とマシな個体。
ツバメシシジミ | Everes argiades | 横浜市緑区
ツバメシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ツバメシジミの綺麗な個体が開翅してくれました。
ベニシジミ | Lycaena phlaeas | 横浜市緑区
ベニシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ベニシジミも良い感じに撮れました。
ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
夕方になるとルリタテハが盛んにテリトリーを張り出した。
ツマキチョウ | Anthocharis scolymus | 横浜市緑区
ツマキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ツマキチョウも最盛期で、♂♀問わず多数の個体が飛んでいたが…、ほとんど停まらないので撮れない。 撮れたのはこんな証拠写真だけ。♀です。

ツマキチョウをきちんと撮るのは、今年はもう無理かな…?(と、この時は思いました)

あと写真は撮れませんでしたが、ぴかぴかのトラフシジミに遭遇しました。 頭上の葉の上で前翅先端しか見えなかったため、枝を慎重に手繰り寄せて翅のほぼ全体見える状態にして、
「さあ、シャッター!」
と思った瞬間飛ばれました。気配を読まれたかも。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://field-notebook.net/31/trackback
トラックバックの送信元リスト
早春の里山(新治市民の森) - field-notebook.net より

Home > 横浜市緑区 > 早春の里山(新治市民の森)

Feeds
Meta

ページの上部に戻る