Home > タグ > ’14初見

’14初見

早春の里山(新治市民の森)

ようやく4月の記事です。4月5日。

今年の早春の目標はコツバメ初見。近郊のコツバメの見られるという里山の中から、新治市民の森を選んで出かけました。

ミヤマセセリ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
今春初見のミヤマセセリ♂ですが、既に発生から日が経った個体も多く見られました。 ミヤマセセリは問題なく見られるんだよな…。
ルリシジミ | Celastrina argiolus | 横浜市緑区
ルリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ルリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ルリシジミも今春初見。大きくて黒いおめめが可愛い。
ベニシジミ | Lycaena phlaeas | 横浜市緑区
ベニシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ベニシジミも今春初見。
モンシロチョウ | Pieris rapae | 横浜市緑区
モンシロチョウ
モンシロチョウも今春初見。

今春初見蝶については、このほかにツマキチョウ♂を1頭目撃しています。
しかし、まったく停まる気配無く飛び去って行きました。うーん、残念。

越冬蝶も出てきました。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市青葉区
テングチョウ
ようやく撮れた越冬テングチョウ。
ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市
ルリタテハ
ルリタテハが出てきて樹木に停まりました。
モンキチョウ | Colias erate | 横浜市緑区リ
モンキチョウ
3月12日以来のモンキチョウ。

これだけたくさんの蝶が出てきてくれましたが、肝心のコツバメの姿はありませんでした。

しかし、実はこの日は10:30~13:00頃まで雨で車の中で雨宿りを強いられたのでした。 それを考えれば、まあ満足できる結果でしょう。

今まで何度も訪れてひと通り歩いたつもりでいたこの里山ですが、夕方近くなって今まで歩いたことの無かった谷戸があることに初めて気づきました。
常見谷戸のことですが、この谷戸の雰囲気がまた良く、「コツバメが出るのはここでは?」と思わせるものがありました。

コツバメ再チャレンジに、もう一度来ましょう。

モンキチョウ(’14初見)

3月12日。

この日は15時過ぎからFieldに出てみました。

出掛けた先は、横浜市港北区の新横浜公園です。例年、早くからモンキチョウが初見できるところで、今年も2/26にはmidoriさんが初見報告をされています。

新横浜公園の南縁沿いに、鳥山川側から鶴見川に向かって土手を巡ったところ、何とか休息体勢に入る直前のモンキチョウを見つけることが出来ました。

モンキチョウ | Colias erate | 横浜市港北区
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
近寄ろうとして飛ばれること3度。「これを逃すと次のチャンスは無いかも?」と追いかけ、 土手の反対側へ舞い降りたところでようやく撮影。葉かぶりしてますが、とりあえず撮れたことが大事。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
落ち着いたようなので反対側に回り込んでみました。まだ葉かぶりしています。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
何とか葉かぶりを解消しました。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
そのうちに、開き気味だった触覚が揃って来ました。 どうやら、この個体はこのまま夜を迎えるようです。

時間帯的に見つけられないことも覚悟して来たので、何とか1頭見られて大満足。
これでお仕舞いと思ったのですが、17時過ぎになって、何気なく覗き込んだ藪でもう1頭見つけました。

モンキチョウ | Colias erate | 横浜市港北区
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
翅が伸び切っていないようです。最初は翅を伸ばしている途中の羽化直後個体かと思っていました。 しかし、30分ほど待っても翅が伸びてきません。よく見ると翅の縁毛が擦り切れています。 どうやら羽化直後個体ではなかったようです。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
背後から、翅が伸びきっていない様子を撮ってみました。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
だいぶ薄暗くなってきたので、内蔵フラッシュを炊いてもう一枚。 触覚が揃ってませんね。休息状態だと触覚を揃えるわけではないのかしら?

Home > タグ > ’14初見

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る