Home > タグ > モンシロチョウ

モンシロチョウ

’18年3月24日:スプリング・エフェメラル(3)

16時過ぎからの夕方フィールドワーク。
もう蝶は飛ばない時間帯なので、叢の中の休息個体(モンシロチョウ、ツバメシジミ、ベニシジミに期待)や、ジャコウアゲハの越冬蛹を探そうと、多摩川河川敷(布田堰~宿河原付近を予定)へ出かけてみた。

叢の中の休息個体は、モンシロチョウ5頭、モンキチョウ1頭が見つかった。

モンシロチョウ | Pieris rapae | 川崎市多摩区
モンシロチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
モンシロチョウ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
モンキチョウ | Colias erate | 川崎市多摩区
モンキチョウ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

潅木葉陰のキタキチョウを撮ろうとポジション取り中に、枝先で休息中のツマキチョウに気付いた。 今年3種目のスプリング・エフェメラル。 早速、キタキチョウは無視してターゲットをツマキチョウに変更したが、10mm魚眼のまま撮ろうとして不用意に近付きすぎ、1枚もシャッターを切らないうちに逃がしてしまった。

その上、ツマキチョウを諦めて戻ってきたのにキタキチョウが居なくなってる。

その後、2頭目のツマキチョウを見つけて撮影できたので立ち直れたが、思わず絶望しそうになった。

ツマキチョウ | Anthocharis scolymus | 川崎市多摩区
ツマキチョウ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
1頭目の教訓を生かして、150mmで遠めから証拠写真を撮った後で10mm魚眼に交換して接近した。
雉 | 川崎市多摩区
雉
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
途中で現れた雉。5mくらいまで接近しても逃げずに熱心に採餌していた。

ツマキチョウと雉の出現で時間が経ったため、宿河原堰付近まで足を延ばす予定を途中で切り上げた。 ツバメシジミやジャコウアゲハ越冬蛹は宿河原付近で探す予定だったので、次回に持ち越し。

’17年5月下旬:東高根森林公園-夕暮れの吸水行動

5月27日。
早めに帰宅するつもりが「(散歩が)物足りない」と言われて急遽17時過ぎから東高根森林公園を一周。

園内のミズキ周辺を多数のキアシドクガが一番目だった日でしたが、サトキマダラヒカゲ、ルリシジミ、モンシロチョウなども見られ、自然観察広場ではクロコノマチョウ♀の産卵行動なども見られた。

特にルリシジミ、モンシロチョウは18時近い時間だというのに吸水活動が見られました。

ルリシジミ | Celastrina argiolus | 川崎市宮前区カテゴリ
ルリシジミ吸水
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
モンシロチョウ | Pieris rapae | 川崎市宮前区カテゴリ
モンシロチョウ吸水
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

’16-17 越冬蝶観察④:藤沢市大庭

’16-17の越冬蝶観察状況を観察地ごとにまとめます。(もう春ですが…)

藤沢市大庭はちょっと遠いのが難点なのですが、広範囲に探索ポイントが点在し、 毎年安定してムラサキツバメ越冬集団が観察できるのでここ数年毎年探索に出向いています。 昨期(’15-16)は36個体の大集団を筆頭に15~20個体前後の集団も複数観察できました。

11月23日(今期初探索)

熊野社周辺→城趾公園→神社境内→七曲がり→聖ヶ谷の順に探索。

最後の聖ヶ谷のポイントを探索するまでムラサキツバメ越冬集団がまったく見つからず 少し焦りましたが、聖ヶ谷のポイントからは小集団が3箇所見つかりました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Narathura bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(越冬集団)
ムラサキツバメ(越冬集団)
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
アオキ2個体、アジサイ8個体、アオキ8個体の3箇所計16個体。

聖ヶ谷のポイントではウラギンシジミの越冬個体も多数見つかりました。 2個体が並んだ写真のみ掲載。

ウラギンシジミ(越冬個体) | Curetis acuta paracuta | 神奈川県藤沢市
ウラギンシジミ(越冬個体)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

12月10日

前回と同じルートで探索。

熊野社付近のマテバシイから3個体の集団が見つかりました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Narathura bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(越冬集団)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

城趾公園、神社境内、七曲がりの3ポイントでは今回も越冬集団は見つかりませんでした。

最後の聖ヶ谷のポイントではシロダモの4個体小集団を新たに見つけましたが、 その代わりに前回見つけた3集団はすべて無くなってしまっていました。 前回、今回と2桁個体数の集団は見つかりませんでした。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Narathura bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(越冬集団)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
ウラギンシジミ(越冬個体) | Curetis acuta paracuta | 神奈川県藤沢市
ウラギンシジミ(越冬個体)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
2個体並んだウラギンシジミは健在。

他には、モンシロチョウを複数個体観察しました。(昨年の終見となった)

モンシロチョウ | Pieris rapae | 神奈川県藤沢市
モンシロチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

12月29日

年内最後の探索に行きました。
今回は熊野社付近→城趾公園→聖ヶ谷→七曲がり→神社境内の順に探索。

聖ヶ谷のシロダモの集団は、前回4個体→今回12個体に増えていました。 ようやく、2桁個体数の集団が見られました。
また、新たにアオキ9個体(8個体+1個体)の集団が見つかりました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Narathura bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(越冬集団)
ムラサキツバメ(越冬集団)
ムラサキツバメ(越冬個体)
RICOH CX2
2枚目の集団はムラサキツバメ8個体+ムラサキシジミ1個体の混合集団で、3枚目の個体と同じアオキ。
ウラギンシジミ(越冬個体) | Curetis acuta paracuta | 神奈川県藤沢市
ウラギンシジミ(越冬個体)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
2個体並んだウラギンシジミはまだ健在。

熊野社付近のマテバシイの小集団は無くなっていました。

ようやく個体数が増えてきましたが、聖ヶ谷以外のポイントでは越冬集団が見つかりません。

1月7日

年明け最初の探索に行きました。

聖ヶ谷のムラサキツバメ越冬集団は2つとも無くなっていました。 他のポイントでも新たな越冬集団は見つからず、この日観察できたムラサキツバメは単独越冬個体×2個体のみでした。

2個体並んだウラギンシジミは依然越冬を継続中でしたが、今期(’16-17)の藤沢市大庭での越冬蝶観察はこれで終了としました。

ウラギンシジミ(越冬個体) | Curetis acuta paracuta | 神奈川県藤沢市
ウラギンシジミ(越冬個体)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
2個体並んだウラギンシジミはまだ健在。

Home > タグ > モンシロチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る