Home > タグ > ムラサキシジミ

ムラサキシジミ

’17-18 越冬蝶観察(4):早野①②③④

明けましておめでとうございます。

2018年も、ゆるゆるな記事投稿を行ってまいります。 相変わらずお客様の少ない過疎Blogですが、今年もよろしくお願いします。

さて、11月26日、12月9日、12月16日、12月30日の4回にわたり、地元川崎市の北部、早野早野にて越冬蝶を探索しました。

早野①(’17年11月26日)

早野では、’15-16から2年連続でムラサキツバメ越冬集団を観察しています。 特に個体数が多かったのが’15-16シーズンで、’15年12月31日の大晦日に37~38個体の大集団が観察できました。 今シーズンもこの地での観察は既定路線でしたが、現地訪問に先立つ11月19日に探蝶逍遥記にこの地の越冬集団形成状況がupされていましたので、 今回はその後追い確認的な探索になりました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
’15-16シーズンに大集団が出来たアオキでは、探蝶逍遥記では『坊主』と 報告されていましたが、この日は左右2箇所に分かれて、それぞれ3頭と5頭の小集団がありました。 これから集団形成が進むのでしょうか。そうなることを期待したいところです。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
次に柑橘類のポイントを確認します。探蝶逍遥記では、 『2箇所に分かれて、それぞれ3頭と6頭の小集団』と報告されていましたが、 既に集団は1箇所に集約され、個体数は15頭の中規模集団に成長していました。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
他にも、可能性の高そうな場所を物色していきます。 落葉樹のクヌギの葉に越冬集団が形成されるのですから、クリでも可能性はあるはずだ…。 本当に4頭の小規模集団が見つかりました。

アオキの集団の個体数がこれから増えていくのかどうか、柑橘類の集団の個体数が更に大規模に育っていくのかどうか、 が次の観察時のポイントでしょう。

早野②(’17年12月9日)

12月9日に再訪しました。
前回観察したポイントを再確認する前に、早野聖地公園内の「下谷の杜」のポイントを探索しました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
桑の葉に2頭だけ小集団を作っていました。 もう少し集まってないかと思ったのですが…。

この後は、前回の観察ポイントを順次確認して回りました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
アオキの越冬集団は、右側にあった5頭集団が無くなって左側の3頭集団のみになっていました。 個体数増加を期待していましたが、むしろ減っていました。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
柑橘類の個体数も減っていました。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
クリの木の4頭集団は6頭になり、若干ですが個体数が増えていました。 また、新たに10頭の越冬集団が出来ていました。

個体数増加を期待していたアオキ、柑橘類いずれのポイントも個体数が減っていてがっかりしました。 代わりにクリの樹の個体数が増えていましたが、落葉樹なので短い運命の仮宿です。

早野③(’17年12月16日)

年末年始まで再々訪する予定は無かったのですが、12月10日の探蝶逍遥記に 『ムラサキシジミの10頭集団』の報告があったので、予定変更して再々訪。

ムラサキツバメ(越冬個体) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬個体
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
「下谷の杜」の桑の樹は落葉が進み、かろうじて1頭が残っていただけでした。
ムラサキシジミ(越冬個体) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキシジミ越冬個体
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
アオキはついに最後の1頭になってしまいました。 しかもよく見たら、残っていたのはムラサキツバメでなくムラサキシジミでした。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
柑橘類の集団は5頭になっていました。
ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキツバメ越冬集団
ムラサキツバメ越冬個体
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2 又は SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
落葉樹のクリの樹の集団ばかりが個体数を増やしています。 集団は3箇所に分散し、それぞれ18頭(ムラサキシジミとの混群)、1頭、5頭でした。 18頭規模になるとかなり見応えがあります。

件の『ムラサキシジミ10頭集団』も見つかりました。 但し、個体数は5頭になっていました。残念。

ムラサキシジミ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 川崎市麻生区
ムラサキシジミ越冬集団
RICOH CX2
アラカシの高所の葉。残念ながら『10頭集団』は既に5頭に減っていました。 それでも、今まで見たのは最高3頭まででしたから、ムラサキシジミの集団としては新記録です。

早野④(’17年12月30日)

12月16日までに観察していた、全ての越冬集団が消滅していました。 クリの樹の集団は落葉していました。これは仕方有りません。 しかし、常緑樹のアオキ、柑橘類の越冬集団も、今シーズンはずっと個体数を減らし続け、 集団が大規模化しませんでした。残念です。

’17-18 越冬蝶観察(3):横浜市南部①②

仕事上の年末進行と少し体調を崩していたこともあり更新が滞りました。 未だ11月の記録ですが、再開します。

11月19日と12月2日に、横浜市南部の栄区・戸塚区を訪れました。
※11月19日は既記事の藤沢市大庭とはしご。

横浜市南部①(’17年11月19日)

横浜市戸塚区、栄区、それぞれ1箇所ずつのポイントを訪問探索しました。

まず最初に訪れたのは横浜市栄区のポイント。 家を出たときにはよく晴れていたので活動中の越冬蝶観察を期待していましたが、 現地到着時には曇ってしまっており、活動している気配がありませんでした。

ムラサキツバメ越冬集団は、2箇所に分かれて形成されているのを確認しました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの葉上に形成された9頭の越冬集団
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
別のアオキの葉上に形成された、こちらは12頭の越冬集団

次に、横浜市戸塚区の「舞岡ふるさと村」のポイントへ移動しました。 ここでは3箇所にそれぞれ、7頭、2頭、1頭の越冬集団+個体が見られました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの樹には7頭の越冬集団が形成されていた。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
: SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
こちらもアオキ、2個体の小集団。(1個体はムラサキシジミ?)
ムラサキツバメ単独個体 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ単独個体
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
上の2つとはやや離れた位置の柑橘類の葉に単独越冬個体。

ムラサキツバメ以外には、横浜市栄区、横浜市戸塚区それぞれのポイントでクロコノマチョウが1頭ずつ見られました。 写真は横浜市栄区のポイントで撮影した個体。

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 横浜市栄区
クロコノマチョウ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
飛び出すまで存在にまったく気付かず。

この日はこの後、藤沢市大庭②へ転戦しました。

横浜市南部②(’17年12月2日)

12月2日に再訪しました。
この日は11月19日のポイント2箇所にもう1箇所加え、計3箇所のポイントを訪問・探索しました。

まず最初に、前回と同じ横浜市栄区のポイントを訪れると、 ごまさんほか3名の同好の方がいらっしゃいましたので、 いろいろお話しを伺いながら楽しく観察・撮影しました。

このポイントの越冬集団は2箇所で変わらずでしたが、好天だったこの日はほとんどの個体が飛び出しており、 最初はそれぞれ2頭ずつしか残っていませんでした。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
11月19日に9頭だった越冬集団。 この日は当初2頭でしたが、昼過ぎから次々に戻ってきて最終的に12頭になりました。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
11月19日に12頭だった越冬集団。 こちらもこの日は当初2頭でしたが、最終的には8頭まで回復しました。

次に、ごまさんから「2箇所集団あり」と情報を得た、 前回は訪れなかった横浜市栄区のポイントへ移動しました。 (ごまさん達とはいったん別れました) 訪れてみると、なるほど背の高さに差し出されたアジサイの葉上に7頭、 アオキの4mほどの位置には8頭のムラサキツバメ越冬集団が出来ていました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
大きなアジサイの葉に小さく7頭集団。落葉樹のアジサイは仮宿に過ぎません。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
高所のアオキには8頭集団。

最後は、11月19日と同じ横浜市戸塚区(舞岡ふるさとの森)のポイントへ移動します。 ここで、いったん別れたごまさん達と再び一緒になりました。 (待ち合わせた訳ではない)

まず、11月19日に7頭だったアオキの越冬集団は、順調に個体数が増えて15頭になっていました。 一方、アオキの2頭集団と柑橘類の単独個体は居なくなっていました。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
アオキの15頭集団。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
11月19日の2頭集団は無くなって、代わりに別の2頭集団が見つかりました。

シュロの葉が重なった奥に、何やら怪しい雰囲気なことに気付きました。 とりあえず撮ってみて、撮れた写真を拡大して確認します。
…どうやら、ムラサキツバメ越冬集団のようですね。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市戸塚区
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ越冬集団
RICOH CX2
とりあえず9頭確認できますが、奥のほうにもう数頭隠れていても可笑しくない感じです。

この日は好天だったため、越冬集団以外に多数の開翅個体も撮影できました。 最後にまとめて掲載します。

ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ♀開翅
ムラサキツバメ♂開翅
ムラサキツバメ♀開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
越冬集団に戻る前に、陽当たりの良い場所で開翅する個体が多い。
ムラサキシジミ♂開翅
ウラギンシジミ♀開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
途中、ムラサキシジミやウラギンシジミも現れ開翅してくれた。
ムラサキツバメ越冬集団 | Arhopala bazalus | 横浜市栄区
ムラサキツバメ♂開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ♂開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
アジサイの越冬集団に戻る前に開翅する個体たち。

'17年6月中旬:早野

放置状態が3ヵ月も続いたので、仕切り直します。
越冬長観察記事は当然ですが中止。
平地ゼフから始めようかとも思ったのですが、それだとまた追いつけなくなりそうなので直近からの仕切り直しです。
また、今後は出来るだけ無味乾燥なフィールドノートに徹します。

6月17日は平地ゼフの最後の観察のつもりで川崎市麻生区の早野を訪れましたが、 結果的には平地ゼフはただの1個体も観察できずに終わりました。

外周部ではキマダラセセリとムラサキシジミが多く見られました。

キマダラセセリ | Potanthus flavum | 川崎麻生区
キマダラセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ムラサキシシジミ | Narathura japonica | 川崎麻生区
ムラサキシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

里山地区ではヒカゲチョウが多く見られました。

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 川崎市麻生区
ヒカゲチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒカゲチョウは既に最盛期でしたが、この個体は非常に綺麗でした。

ところで、例年だとクロヒカゲの末期にようやくヒカゲチョウが発生を始め、 ヒカゲチョウの最盛期まで生き残るクロヒカゲはごく少数だと思いますが、 今年はクロヒカゲの生き残りが例年になく多いように感じます。

里山地区の栗の花は多くが花期の終わりを迎えていましたが、この栗の木だけはまだ花期の盛りでした。 メスグロヒョウモン♂とテングチョウ、キマダラセセリが訪花していました。

メスグロヒョウモン♂ | Damora sagana | 川崎市麻生区
メスグロヒョウモン♂
メスグロヒョウモン♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
トリミングしてあります。
テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
今年はこの日までテングチョウの新生蝶に縁がありませんでしたが、ようやく逢えました。 トリミングしてあります。

Home > タグ > ムラサキシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る