Home > タグ > ミドリシジミ

ミドリシジミ

’17年6月上旬:早野-ミドリシジミ

6月3日。
午前中(とはいえ10時過ぎ)から早野へ。そろそろミドリシジミに期待しても良いでしょう?

ミドリシジミ

ミドリシジミは♂×3個体が見られました。 そのうち1個体は飛翔個体を遠距離から目撃しただけなので、写真撮影できたのは2個体。 残念ながら開翅は無し。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX DG
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG

オオミドリシジミ

後ろ姿しか撮れませんでしたが、オオミドリシジミの♂も1個体現れました。

オオミドリシジミ | Favonius orientalis | 川崎市麻生区
オオミドリシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
トリミング有

その他の蝶

アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミの個体数が増えていない印象。 遅れているのか、タイミングが悪いのか、今年は個体数そのものが少ないのか…。

ルリシジミが多い。

ハンノキ林の林床でヒメキマダラセセリが複数個体見られた。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
普通種だが数年ぶりに見た気がする。トリミング有

クロヒカゲはそろそろ発生末期のはずだが、まだそれなりの個体数が見られた。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
クロヒカゲ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒカゲチョウの発生も始まったようなので、クロヒカゲは間もなく姿を消すはず(だと思ったのに今年はしぶとい)。

クロコノマチョウの越冬個体はまだ見られる。

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 川崎市麻生区
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
越冬明けで6月だというのに、それほどには汚損してない。

他にはダイミョウセセリ、サトキマダラヒカゲ、キタキチョウ、テングチョウが見られた。

6/9 早野(1):ミドリシジミ

6月9日。
早野の里のミドリシジミを観察しに来た。

ハンノキ林で最初に目に飛び込んできたのがコレ。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
♂の開翅。距離が遠いが、とりあえず付いていた90mmマクロで証拠撮影。
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
等倍で切り出すとこんな感じ。さすがに苦しい。

急いで70-300mmレンズに付け替えて…る暇は無かった。あっという間に飛び立ってThe End。

発生していることは分かった、あとは探すのみ、です。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
RICOH R8
高枝上の静止個体を4m磯玉柄を使ってインターバル撮影で狙ってみた。
ミドリシジミ
RICOH R8
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
栗の花には、数頭のミドリシジミが吸蜜に訪れていた。 最初の一枚は磯玉柄+R8のインターバル撮影で、その後の2枚は90mmマクロで撮影。 この3頭は確か別個体だったと思う。
ミドリシジミ
SONY α57 + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
ようやく下草に降りている個体を見つけた。…が、ちょっと遠い。木道から降りれば近寄れるけど…。 70-300mmに代えて何とかこれくらいに。
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
もう1頭、下草に降りている個体を見つけた!これが、この日のベストショットかな。 実は、この個体が開翅してくれないかと、LEDで照らしたりしばらくいろいろやってみたけど、結局ぴくりともしなかった。
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
もうそろそろ帰らないと…、と思った矢先にもう1頭見つけた。 急いで撮ったので、この後もう少し前めから撮ろうと体を動かした途端に飛ばれた。

うーん、結局開翅個体は最初の1頭だけでした。 こうなると、午前中限定のスケジュールが恨めしい。夕方まで粘りたい…、けど午後から仕事なのでそれは無理。

帰る途中、聖地公園内に単独で生えているハンノキでもミドリシジミを見つけた。 このハンノキでは昨年もミドリシジミを見つけている。 早野の里のハンノキ林以外でも、聖地公園全域に点在しているハンノキでも細々と繁殖しているということなのだろう。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
聖地公園内に単独で生えているハンノキの下で見つけたミドリシジミ。
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
飛ばしてしまった。見回すと頭上に。上のと同一個体かどうかはよく分からない。
ミドリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
トリミングしてみた。

開翅写真は、次の週末にもう一度リベンジするかどうか…。

Home > タグ > ミドリシジミ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る