Home > タグ > テングチョウ

テングチョウ

’18年5月19日:ウラナミアカシジミ・ミズイロオナガシジミ・ミドリシジミ

5月19日。
ウラナミアカシジミをまだ見ていない。ミドリシジミもそろそろ出てるだろう。
ということで、早野を訪れました。

ウラナミアカシジミは初見でききましたが、例年と比較すると極端に個体数が少ない。 多産ポイントの龍ヶ谷池周辺・龍ヶ谷の丘をひと巡りして1頭しか居ないとは…。 タイミングが合わなかっただけなら良いのですが。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 川崎市麻生区
ウラナミアカシジミ
RICOH CX2

ミズイロオナガシジミも出ていましたが、これも1頭しか見つからない。少ない。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アカシジミのスレ個体は何頭か見つかりましたが、これも少ない気がする。 何が例年と違うんだろう…。 そもそも例年と時期が違いますが、まだこれからダラダラ発生するのかな。

ハンノキ林のミドリシジミは2頭見ることができた。 1頭目の♂は数メートル先の林床から飛び出し、十数メートル先の枝に停まりました。 一応撮ってありますが、お見せできるレベルの写真ではないので没。 2頭目は2mくらいの高さの枝に静止していた、こちらも♂。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

オオミドリシジミには出逢えなかった。

その他の蝶

ルリシジミが多く見られた。

ルリシジミ | Celastrina argiolus | 川崎市麻生区
ルリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

新生テングチョウも見られ、飛び方から羽化間もないと思われる個体も見られた。

テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウ、キタテハの訪花個体が見られた。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタテハ | Polygonia c-aureum | 川崎市麻生区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲは最盛期を過ぎた。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

サトキマダラヒカゲが飛び始めた。

サトキマダラヒカゲ | Neope goschkevitschii | 川崎市麻生区
サトキマダラヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月12日:ウラゴマダラシジミ

5月12日。
前記事の桜ヶ丘公園から、14時半過ぎに多摩川河川敷のイボタノキ群生地へ再び場所を戻した。 GW中にアカシジミが発生したのなら、ウラゴマダラシジミもそろそろ発生しているはず…。

どこに隠れていたのか。最初の1頭が飛び出すと、1頭、また1頭と、ウラゴマダラシジミが姿を現し始めた。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都日野市
ウラゴマダラシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

飛び出したは良いが、探♀活動時間のため、今度はなかなか停まらない。 ようやく静止した1頭を慎重に撮る。

次々に現れる個体が10頭めを数えた頃から、2~4頭がバトルするシーンも見られるようになった。 基本停まらないものの、個体数が多いので何頭かおきにシャッターチャンスは訪れた。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都日野市
ウラゴマダラシジミ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

この写真だけ魚眼で撮ってるけど、背景はあんまり面白くない。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都日野市
ウラゴマダラシジミ
ウラゴマダラシジミ
ウラゴマダラシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

どの個体もほぼスレ無しの新鮮個体。 しかも、1頭だけ開翅までしてくれた。

他の蝶はほとんど目もくれませんでしたが、テングチョウの新生蝶だけは撮っておきました。 なお、1枚目は桜ヶ丘公園に場所替えする前の午前中の撮影。

テングチョウ | Libythea celtis | 東京都日野市
テングチョウ
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年3月24日:スプリング・エフェメラル(2)

3月24日。
コツバメを撮り直したかったのと、ミヤマセセリは♀が出ているだろうと、前回と同じ新治市民の森を再訪したが、 曇りがちな天候で蝶の出が悪く、消化不良な一日に終わりました。

一番の目的だったコツバメは、まったく出て来なかった訳ではないようですが、私とはタイミングが合わずにすれ違いに終わりました。今週末もう一回再チャレンジかなあ。

前回♂ばかりだったミヤマセセリは♀がちゃんと出ていました。 但し、もう飛び古した個体も目に付きましたが…。 天候のせいで綺麗な個体が飛び出してこなかっただけかな?

ミヤマセセリ♀ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♀
ミヤマセセリ♀
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

晴れ間が覗くと現れますが、日がかげるとぱたっと居なくなります。 なので、撮れたといってもやはり消化不良気味。

ミヤマセセリ♂ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

前回撮れなかったスジグロシロチョウが、今回は一応撮れました。

スジグロシロチョウ | Pieris melete | 横浜市緑区
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

新生蝶では、前回見られなかったルリシジミが出ていました。 数も少なくなかったですが、停まらない、吸蜜個体は逆光等で撮影チャンスが無く、写真がありません。

越冬蝶では、相変わらず個体数が多かったのはルリタテハ。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
ルリタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

次に多かったのはテングチョウ。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

他にはキタテハ、キタキチョウが見られました。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタキチョウ | Eurema mandarina | 横浜市緑区
キタキチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

常見谷戸で蛇が居たので、10mm魚眼で撮影。 もう少し寄ると迫力が出たと思うけど、蛇の動きにびびって後ずさってしまい、その隙に写真手前の洞に逃げ込まれました。

蛇 | 横浜市緑区
蛇
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

Home > タグ > テングチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る