Home > タグ > テングチョウ

テングチョウ

’18年3月24日:スプリング・エフェメラル(2)

3月24日。
コツバメを撮り直したかったのと、ミヤマセセリは♀が出ているだろうと、前回と同じ新治市民の森を再訪したが、 曇りがちな天候で蝶の出が悪く、消化不良な一日に終わりました。

一番の目的だったコツバメは、まったく出て来なかった訳ではないようですが、私とはタイミングが合わずにすれ違いに終わりました。今週末もう一回再チャレンジかなあ。

前回♂ばかりだったミヤマセセリは♀がちゃんと出ていました。 但し、もう飛び古した個体も目に付きましたが…。 天候のせいで綺麗な個体が飛び出してこなかっただけかな?

ミヤマセセリ♀ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♀
ミヤマセセリ♀
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

晴れ間が覗くと現れますが、日がかげるとぱたっと居なくなります。 なので、撮れたといってもやはり消化不良気味。

ミヤマセセリ♂ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

前回撮れなかったスジグロシロチョウが、今回は一応撮れました。

スジグロシロチョウ | Pieris melete | 横浜市緑区
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

新生蝶では、前回見られなかったルリシジミが出ていました。 数も少なくなかったですが、停まらない、吸蜜個体は逆光等で撮影チャンスが無く、写真がありません。

越冬蝶では、相変わらず個体数が多かったのはルリタテハ。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
ルリタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

次に多かったのはテングチョウ。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

他にはキタテハ、キタキチョウが見られました。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタキチョウ | Eurema mandarina | 横浜市緑区
キタキチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

常見谷戸で蛇が居たので、10mm魚眼で撮影。 もう少し寄ると迫力が出たと思うけど、蛇の動きにびびって後ずさってしまい、その隙に写真手前の洞に逃げ込まれました。

蛇 | 横浜市緑区
蛇
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

’18年3月17日:スプリング・エフェメラル(1)

3月17日。
スプリング・エフェメラルのコツバメ、ミヤマセセリがそろそろ見られるだろうと新治市民の森を訪れ、 期待通り、コツバメ、ミヤマセセリを見ることができました。

コツバメはポイントに2回姿を現しました。1回目は撮影前に逃げられ、撮れたのは2回目のみ。

コツバメ | Callophrys ferrea | 横浜市緑区
コツバメ
コツバメ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

まず証拠写真を押さえてから、やや後ろからだったので真横に回りこみつつ寄ったのですが、 手前に目障りな葉が…。3度目の正直を待ったのですが、現れず。

ミヤマセセリは、♂は既にそこかしこを飛び交う様子が見られたが、♀はまだ見られませんでした。

ミヤマセセリ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♂
ミヤマセセリ♂
ミヤマセセリ♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

2枚目と3枚目は同一個体。

モンシロチョウスジグロシロチョウも今季初見なので何度か撮影しようと試みたのですが、どの個体も敏感で 撮影態勢に入ることも出来ず仕舞いでした。

ほかにルリシジミやトラフシジミも出てこないかと期待していましたが、残念ながら今回は見られませんでした。

越冬蝶で最も個体数が多かったのはルリタテハ。 例年通り、池ぶち広場に複数頭が集まっていました。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

テングチョウもむじな谷戸と常見谷戸で複数頭見られました。 越冬明けでも比較的綺麗なルリタテハに比べ、テングチョウはスレ個体が多い印象があります。 但し、むじな谷戸で見られたテングチョウはスレも少なくとても綺麗でした。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

キタテハも1頭見られました。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

越冬蝶では、ほかにはキタキチョウが見られました。 例年だと、ほかにムラサキシジミやクロコノマチョウも見られますが、今回は見られませんでした。

'17年6月中旬:早野

放置状態が3ヵ月も続いたので、仕切り直します。
越冬長観察記事は当然ですが中止。
平地ゼフから始めようかとも思ったのですが、それだとまた追いつけなくなりそうなので直近からの仕切り直しです。
また、今後は出来るだけ無味乾燥なフィールドノートに徹します。

6月17日は平地ゼフの最後の観察のつもりで川崎市麻生区の早野を訪れましたが、 結果的には平地ゼフはただの1個体も観察できずに終わりました。

外周部ではキマダラセセリとムラサキシジミが多く見られました。

キマダラセセリ | Potanthus flavum | 川崎麻生区
キマダラセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ムラサキシシジミ | Narathura japonica | 川崎麻生区
ムラサキシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

里山地区ではヒカゲチョウが多く見られました。

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 川崎市麻生区
ヒカゲチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒカゲチョウは既に最盛期でしたが、この個体は非常に綺麗でした。

ところで、例年だとクロヒカゲの末期にようやくヒカゲチョウが発生を始め、 ヒカゲチョウの最盛期まで生き残るクロヒカゲはごく少数だと思いますが、 今年はクロヒカゲの生き残りが例年になく多いように感じます。

里山地区の栗の花は多くが花期の終わりを迎えていましたが、この栗の木だけはまだ花期の盛りでした。 メスグロヒョウモン♂とテングチョウ、キマダラセセリが訪花していました。

メスグロヒョウモン♂ | Damora sagana | 川崎市麻生区
メスグロヒョウモン♂
メスグロヒョウモン♂
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
トリミングしてあります。
テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
今年はこの日までテングチョウの新生蝶に縁がありませんでしたが、ようやく逢えました。 トリミングしてあります。

Home > タグ > テングチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る