Home > タグ > ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン

’16-17 越冬蝶観察③:泉の森・ふれあいの森

’16-17の越冬蝶観察状況を観察地ごとにまとめます。

大和市の泉の森・ふれあいの森はムラサキツバメ越冬集団を初めて自力発見した、’11-12シーズン以来の探索地です。
特に昨期(’15-16)には年末に50個体前後の大集団と44個体の大集団が2箇所で観察できました。 今期(’16-17)はどうでしょうか。

観察日順にまとめます。

11月5日(今季初観察)

昨期(’15-16)年末には50個体前後の大集団が観察された桑の木に、今年も越冬集団が形成されていました。 この桑の木は毎年ムラサキツバメの越冬集団が形成される泉の森「最有名物件」のようです。

この日は、2箇所に分かれて計17個体(10+7個体)の集団が確認できました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団A)
ムラサキツバメ(越冬集団B)
RICOH CX2

ぐるりと一周しましたが、他のポイントではまだ越冬集団は観察できませんでした。

他に、同日ふれあいの森で活動中だったムラサキツバメ♂とツマグロヒョウモン♀の写真を載せておきます。

ムラサキツバメ(♂開翅) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(♂開翅)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ツマグロヒョウモン(♀) | Argyreus hyperbius | 神奈川県大和市
ツマグロヒョウモン(♀)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

11月28日(今季2回目)

残念ながら前回観察した桑の木の越冬集団は解消されていました。 (WEBで検索したところ、1週間前までは桑の木の集団も残っていたようです)

その代わりに、ふれあいの森のクヌギのポイントで4箇所に分散して計43個体(10+3+10+12+8個体)のムラサキツバメ越冬集団を確認しました。 昨期に引き続き2年連続での観察です。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団C-1)
ムラサキツバメ(越冬集団C-2)
RICOH CX2
重なった2枚の葉に10個体+3個体で計13個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-3)
RICOH CX2
こちらの葉にも10個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-4)
RICOH CX2
こちらの葉では13個体が確認できますが、1個体ムラサキシジミが混じっているようです。
ムラサキツバメ(越冬集団C-5)
RICOH CX2
黄色く色づきかけた葉にも8個体。

草柳園フィッシングセンターの北側道路沿いでも2箇所計5個体(1+4個体)のムラサキツバメ越冬集団を確認しました。 この近くの桑の木で昨期(’15-16)44個体の大集団が観察できましたが、今期は桑の木には集まっていないようです。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬個体D)
RICOH CX2
単独越冬個体。ええと、この樹種なんだっけ?
ムラサキツバメ(越冬集団E)
RICOH CX2
アオキの葉に4個体。

他に、ウラギンシジミが3個体並んで越冬していたので載せておきます。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 神奈川県大和市
ウラギンシジミ(越冬個体×3)
RICOH CX2

12月30日(今季3回目)

年末に3回目の観察に訪れました。

ふれあいの森のクヌギの木はすっかり落葉していましたが、まだいくつか枯れ葉が残った枝先がありました。 その枯れ葉に…、3箇所計14個体(1+3+10個体)のムラサキツバメ越冬集団が残っていました。 頑張りますね。
※C-1等の符号は前回のものと対応していません。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬個体C-1)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
単独1個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-2)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
こちらの葉には3個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-3)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
こちらの葉はまとまった集団で10個体。

草柳園フィッシングセンターの北側道路沿いの越冬集団も残っていました。 2箇所計8個体(3+5個体)になってました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団D)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
3個体に増えていました。
ムラサキツバメ(越冬集団E)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
アオキの葉の集団も5個体に増えていました。

泉の森「森のはらっぱ」付近のアオキで3個体の集団を確認しました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団F)
RICOH CX2

最後に、twitterで教えてもらった「ハマユウ鉢植え」のポイントで2箇所計11個体(10+1個体)のムラサキツバメ越冬集団を確認しました。 この場所は、昨期(’15-16)は何と3月まで集団継続が観察されていたそうです。 また、驚いたことに膝の高さなので屈み込んでの撮影でした。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団G)
ムラサキツバメ(越冬個体H)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

1月9日(今季4回目)

いいかげん長い記事になってきましたが、もう1日分だけ。
年明けは1月9日に訪れました。

ふれあいの森のクヌギのポイントでは、枝先の枯れ葉でまだ頑張っていました。 5箇所計17個体(1+3+2+7+4個体)です。 この枯れ葉上でいつまで集団が保つのか、楽しみになってきました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬個体C-1)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
1個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-2)
RICOH CX2
3個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-3)
RICOH CX2
2個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-4)
RICOH CX2
7個体。
ムラサキツバメ(越冬集団C-5)
RICOH CX2
4個体。

草柳園フィッシングセンターの北側道路沿いの越冬集団も健在で、2箇所計11個体(5+6個体)になっていました。 少しずつ増えています。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団D)
RICOH CX2
3個体→5個体。
ムラサキツバメ(越冬個体E)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
5個体→6個体。

泉の森の南東角付近でマテバシイの葉上のムラサキツバメ越冬集団を新たに確認しました。 10個体です。
この場所も、昨期(’15-16)にも越冬集団が形成された場所です。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団I)
RICOH CX2
10個体の新集団。

東舟翁の碑付近のアオキ低木のポイントでも、5個体のムラサキツバメ越冬集団を新たに確認しました。 この場所も、やはり昨期(’15-16)も越冬集団をが形成された場所です。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団J)
RICOH CX2
5個体の新集団。

第2駐車場付近のシュロに単独個体が居ました。 この場所も、やはり昨期(’15-16)集団が形成された場所です。

ムラサキツバメ(越冬個体) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬個体K)
RICOH CX2
1個体。

「森のはらっぱ」付近の越冬集団はムラサキシジミ2個体の集団になっていました。 葉も同じアオキの別の葉に移動しています。 (前回の3個体もムラサキシジミ混在だったかもしれません)

ムラサキシジミ(越冬集団) | Narathura japonica | 神奈川県大和市
ムラサキシジミ(越冬集団L)
RICOH CX2
ムラサキシジミ2個体。

もう1箇所新集団を見付けました。 民家園付近のアオキで、12個体ほど居るようです。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団M)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
12個体の新集団。

ハマユウ鉢植えの越冬集団も個体数を増やし、15~16個体ほど集まっているようです。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団G)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ムラサキツバメ(越冬集団G)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
15~16個体ほど居るようです。

とりあえず今回はここまで。続きます。

’14秋 寺家のクロコノマチョウ① (11/23)

11月23日。
この日は当初、泉の森/ふれあいの森に越冬蝶(ムラサキツバメ)探索に行こうとしていましたが、 R246が混んでいて遅くなりそうだったので途中で行き先を変更、寺家へ向かう。 寺家に隣接した鴨志田公園にはマテバシイが多いので、寺家でも越冬蝶探索は出来るかな、と。

…残念ながらムラサキツバメはまったく見つかりませんでした。
探していて見つかる気もあまりしなかったですね。

その代わり、とある谷戸の一角にジュズダマ群落があったので探したところ、 クロコノマチョウの羽化直後個体を見つけました。 今シーズン、東高根森林公園と生田緑地以外で見つけたのは初。

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 横浜市青葉区
クロコノマチョウ(羽化直後個体)
クロコノマチョウ(羽化直後個体)
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
かなり立派なジュズダマ群落でしたが、その割にあまり食痕は無いし蛹の抜け殻も無い…。 この個体が飛び出してきたのは、段々探し方が雑になってきたところでした。 それまでまったく存在に気付いておらず、脅かしてしまいました。 左右どちらから撮っても繊維状のゴミが付着していますね。 蛹からの脱出時に付いたのでしょうか。

このほかにはこんな蝶たちが。

ウラナミシジミ | Lampides boeticus | 横浜市青葉区
ウラナミシジミ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ツマグロヒョウモン | Argyreus hyperbius | 横浜市青葉区
ツマグロヒョウモン
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ベニシジミ | Lycaena phlaeas | 横浜市青葉区
ベニシジミ
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

他に目撃種としてはウラギンシジミとヤマトシジミ、モンキチョウが飛んでいましたね。 アカタテハやヒメアカタテハなどのタテハ類に期待していたのですが、その姿無しでした。

蝶以外では、こんなのが居たので撮ってみました。

蛾の一種(未同定) | 横浜市青葉区
蛾の一種
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
蜻蛉の一種(未同定) | 横浜市青葉区
蛾の一種
SONY α57 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

ところで、12月6日の越冬蝶探索の記事に書いたとおり、 HIDEKOさんのご近所の自然の記事によれば、 泉の森/ふれあいの森では11月下旬に11個体ほどのムラサキツバメ越冬集団が見られたとのことです。
つまり、この日途中で行き先を変更しなければ、この越冬集団が見られたかもしれないんですねえ。

ここで見つけたクロコノマチョウの羽化直後個体とどっちが貴重だっただろう? 今シーズンの越冬蝶探索の不調っぷりから考えるに、泉の森/ふれあいの森に行っておいた方が良かったかな?

’13-14 越冬蝶探索 03-3:ムラサキツバメの越冬塒発見

前記事に引き続き11月17日。
新発見の大蔵運動公園のポイントを11:30頃に撤収して砧公園へ戻り、引き続き園内探索を続けた。

ムラサキツバメの越冬塒発見

仰々しい見出しを付けましたが、発見したのはわずか2個体の小集団(集団とも言い難い?)です。

「比較的まとまった数のマテバシイ」「樹木に囲まれた中の陽だまりスポット」に注目して探索していましたが、だだっ広い砧公園に半ば根気が尽き、そろそろ帰ろうかと駅に近い入口へ向かっているところでした。
発見した塒は正に「比較的まとまった数のマテバシイ」「樹木に囲まれた中の陽だまりスポット」。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 東京都世田谷区
ムラサキツバメ越冬塒
SONY α57 + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
最初は1頭だけだと思って撮影していましたが、実際には2頭並んでいました。捲れた葉の手前に枯葉が引っかかっています。 この枯葉を仲間と思って誘引されたのでしょうか。
ムラサキツバメ越冬塒
RICOH R8
一脚の先にRICOH R8を付けてインターバル撮影で狙ってみました。
ムラサキツバメ越冬塒
RICOH R8
もう一枚。

薄暮時にもう一度再訪してみました。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 東京都世田谷区
ムラサキツバメ越冬塒
SONY α57+ TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
存在確認だけの証拠写真なのでレンズ交換が面倒くさく、90mmマクロのまま横着して撮影。

ちゃんと2頭残っていました。継続観察決定です。

その他の蝶

この日は暖かな一日だったので、越冬蝶以外にも蝶を撮っています。

ツマグロヒョウモン | Argyreus hyperbius | 東京都世田谷区
ツマグロヒョウモン
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
アカボシゴマダラ | Hestina assimilis | 東京都世田谷区
アカボシゴマダラ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 東京都世田谷区
ウラギンシジミ
ムrサキツバメ塒の撮影中に現れたウラギンシジミ♀。
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 東京都世田谷区
ウラギンシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ウラギンシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

Home > タグ > ツマグロヒョウモン

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る