Home > タグ > ダイミョウセセリ

ダイミョウセセリ

’18年5月5日:多摩川

5月5日。
前日の疲れを休めるため遠出は避け、夕方から多摩川を散策した。

多摩川の散策地はいくつかあるのですが、今回はインターネット上で仕入れた「ウラゴマダラシジミ観察地」の 候補地を初訪問。ピンポイントの場所情報が無い中、断片的な情報を繋ぎ合わせて絞り込んだ候補地を、 今年の季節進行だと5月中旬頃には始まりそうなウラゴマダラシジミの発生前に確認しておこうと訪問しました。

現地の様子は…、見事なイボタノキ群落があります。 どうやら、推理は的中したようです。 GW明け最初の土曜日、5月12日の出撃先はここに決定です。

閑話休題。

当日は15時半過ぎだったので蝶影は少なく、アカボシゴマダラくらい撮れないかなと思ってたのですが、 エノキはたくさんあったものの見られませんでした。 写真無しだと寂しいので、唯一まともに撮ったダイミョウセセリの写真を載せておきます。

ダイミョウセセリ | Daimio tethys | 東京都日野市
ダイミョウセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’14ゼフ開幕(5)|5/25 早野 : その他の蝶

5月25日。
そろそろ平地ゼフ・シーズンの開幕。 この日訪れた早野では、昨年も5月26日にはアカシジミとウラナミアカシジミ相当数発生していた。 例えウラナミアカシジミがまだだったとしても、少なくとも発生の早いアカシジミには逢えるだろう…。

ウラナミアカシジミと樹液ポイントのアカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ以外では、テングチョウの新生蝶が目に付きました。 もっとも、例年のピーク時の個体数と比べると、テングチョウもまだまだ発生初期という印象です。

テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
テングチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

クロヒカゲはだいぶスレが目立ってきていました。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

コジャノメ…も、綺麗な個体と思って撮ったけど、結構スレてるね。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市麻生区
コジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

炭焼き小屋の敷地内で、クヌギの幼木が袋がけされていた。 何が居るの…?と覗いてみたら、ヤママユの大きな幼虫が摂食中だった。

ヤママユ(幼虫) | Antheraea yamamai | 川崎市麻生区
ヤママユ(幼虫)
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

Home > タグ > ダイミョウセセリ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る