Home > タグ > コジャノメ

コジャノメ

生田緑地のアオバセセリ <’15/04/29>

4月29日の生田緑地。
2年振りに生田緑地のアオバセセリに逢いに行った。(昨年も行ったがフラれた)

行ってみると、ヒメウツギのポイントにはフィールドノートのtheclaさんをはじめ見覚えのある同好者が何人も。(そろそろきちんと挨拶してお名前を覚えるようにしないと駄目かな?)

そしてお目当てのアオバセセリも何度かポイントに降臨してくれました。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
素早く動くのでシャッタースピードを早めにすると、やや暗めの環境なので露出はF2.8になってしまう。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

多少ピントを外すのを覚悟でゾーンAFで撮りまくって後からピックアップしたのですが、 ピントがまあまあ合っている写真は大体横向きの写真ばかり。難しい。

一番ピントがばっちり眼に合っていると思われる写真がフレームに収まっていなかったので、 思い切って頭部を中心にトリミングしてみた。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

現地ではLED懐中電灯の ThruNite® TN36 CW も使ってみた。 カメラ用、ビデオ用のLED照明とは違うので、皆さん興味津々で見ているようだった。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
LED懐中電灯を照射すると翅が通常の色とがらっと変わり、やや緑がかった輝きを放つ。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM+ThruNite® TN36 CW

これはこれで面白いんだけど、出来ればも少しニュートラルな色味に照射出来ないものだろうか。

アオバセセリのほかには、これまた常連のアオスジアゲハが吸蜜に訪れていた。

アオスジアゲハ | Graphium sarpedon | 川崎市多摩区
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

途中、園内も一周してみたところ、尾根筋の自然探勝路で毎年発生しているコジャノメに逢えた。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市多摩区
コジャノメ
発生から少し経った個体らしく、ぴかぴかの完品とはいかなかった。
※SONY α77II+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

谷間の自然探勝路の木道手摺りをゼフィルスの幼虫が這っていた。 蛹化場所を探しているのか、運悪く落ちてしまっただけなのか。

ウラナミアカシジミ(?) | Japonica saepestriata | 川崎市多摩区
ウラナミアカシジミ(?)の幼虫
帰ってから調べたところ、どうやらウラナミアカシジミの幼虫らしい(?)
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

一周した後、ヒメウツギのポイントに戻ってもう一度アオバセセリの登場を待ったが、今度はなかなか来ない。 そのうちにお昼を過ぎたので、多摩川に移動することにした。

’14ゼフ開幕(5)|5/25 早野 : その他の蝶

5月25日。
そろそろ平地ゼフ・シーズンの開幕。 この日訪れた早野では、昨年も5月26日にはアカシジミとウラナミアカシジミ相当数発生していた。 例えウラナミアカシジミがまだだったとしても、少なくとも発生の早いアカシジミには逢えるだろう…。

ウラナミアカシジミと樹液ポイントのアカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ以外では、テングチョウの新生蝶が目に付きました。 もっとも、例年のピーク時の個体数と比べると、テングチョウもまだまだ発生初期という印象です。

テングチョウ | Libythea celtis | 川崎市麻生区
テングチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
テングチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

クロヒカゲはだいぶスレが目立ってきていました。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

コジャノメ…も、綺麗な個体と思って撮ったけど、結構スレてるね。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市麻生区
コジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

炭焼き小屋の敷地内で、クヌギの幼木が袋がけされていた。 何が居るの…?と覗いてみたら、ヤママユの大きな幼虫が摂食中だった。

ヤママユ(幼虫) | Antheraea yamamai | 川崎市麻生区
ヤママユ(幼虫)
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

その他の蝶(生田緑地)

5月3日。
生田緑地内で出逢った、アオスジアゲハ以外の蝶たちです。

黒系アゲハ(クロアゲハかナガサキアゲハ)を期待したつつじ山に黒系アゲハは現れず。 仕方ないので、ヒメウラナミジャノメを撮っておきました。

ヒメウラナミジャノメ | Ypthima argus | 川崎市多摩区
ヒメウラナミジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒメウラナミジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒメウラナミジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒメウラナミジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

ぼろぼろのキタテハの越冬個体が居ました。(初山地区)

キタテハ | Polygonia c-aureum | 川崎市宮前区
キタテハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

もうGWだというのに、ヤマトシジミは今年まだ2度目。

ヤマトシジミ | Pseudozizeeria maha | 川崎市宮前区
ヤマトシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

スジグロシロチョウ。

スジグロシロチョウ | Pieris melete | 川崎市宮前区
スジグロシロチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

先日早野でぴかぴかの個体に出逢ったばかりのコミスジは、早くも胸部が剥げたように光るスレ個体だった。

コミスジ | Neptis sappho | 川崎市多摩区
コミスジ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

谷間の探勝路の樹林内では、クロヒカゲとコジャノメが出始めていた。
クロヒカゲはうまく撮れなかったので、コジャノメのみ掲載。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市多摩区
コジャノメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

帰りがけにもう一度アオバセセリのポイントに立ち寄ったが、午前中たくさん居た同好者が全員居なくなっていた。
一度くらい、アオバセセリの撮影チャンスはあっただろうか。

Home > タグ > コジャノメ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る