Home > タグ > クロアゲハ

クロアゲハ

’18年5月26日:ミズイロオナガシジミの斑紋異常型

5月28日。
午後は、ミドリシジミを探すために新治から早野に移動した。

ミドリシジミは1頭しか見つからず、それも木道から距離が遠くて証拠写真が精一杯だった。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
かなり大胆にトリミングした。

むしろ、ミズイロオナガシジミの斑紋異常型が出迎えてくれた。

ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型) | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

もう1頭、ミズイロオナガシジミ。こちらの斑紋は通常。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

栗の木にアカシジミが来ていたが、もうだいぶボロボロだ。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市麻生区
アカシジミ
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミは見られなかった。

ハンノキ林の林床には。前週にも見られたヒメキマダラセセリ。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲが半開翅しました。 間もなくヒカゲチョウのシーズンという割りに痛みの少ない個体。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウの吸水個体が居たので、翅裏を撮った。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

最後にクロアゲハの吸蜜個体が現れたが、後翅が大破していた。

クロアゲハ | Papilio protenor | 川崎市麻生区
クロアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アワブキの葉にアオバセセリ幼虫の巣の跡はあるのですが、幼虫は居ない。

アオバセセリ(幼虫巣跡) | Choaspes benjaminii | 川崎市麻生区
アオバセセリ(幼虫巣跡
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月6日:西丹沢

5月6日。
GW最終日は、再びミヤマカラスアゲハ狙いで西丹沢を再訪した。

2日前は世附林道を往復しましたが、この日は大又沢林道の往復を選択。 但し、前回最も成果が上がった大又沢出合いの少し先の訪花ポイントのみ、林道往復の前後に立ち寄りました。

まず、本命のミヤマカラスアゲハですが、一応撮れました。

ミヤマカラスアゲハ | Papilio maackii | 神奈川県山北町
ミヤマカラスアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

表翅も撮れると、なお良かったのですが。

次に、個体数が多かった割りに前回撮れていなかったオナガアゲハ。

オナガアゲハ | Papilio macilentus | 神奈川県山北町
オナガアゲハ
オナガアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

すぐに他個体が絡んでくるのでピント合わせの時間がろくに無く、 微妙にピントを外した写真を量産していました。 もう少し鮮度の高い個体の写真が撮れてると良かったのですが。

日陰のツツジには、クロアゲハが来ていました。

クロアゲハ | Papilio protenor | 神奈川県山北町
クロアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

あれ?カラスアゲハの写真がありませんね…。撮り忘れていたようです。 また、林道往復中に吸水集団・個体に出逢うことはありませんでした。 唯一、復路途中で5m崖下の河原にオナガアゲハが舞い降りて吸水を始めていましたが…、 さすがに5mの崖は降りられないので接近を断念しました。

アゲハ類以外では、前回同様アオバセセリが多く見られました。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 神奈川県山北町
アオバセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

サカハチチョウは、大又沢林道でも普通に見られました。 …今まで西丹沢では少ない、と思ってたんだけどなあ。

サカハチチョウ | Araschnia burejana | 神奈川県山北町
サカハチチョウ
サカハチチョウ
サカハチチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

他に見られたのは、コジャノメとコミスジ、イチモンジチョウくらいでしょうか。 写真はコジャノメしか撮ってませんでした。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 神奈川県山北町
コジャノメ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

帰りに車の窓を全開にして走行していたら、いつの間にか車中にアカタテハが飛び込んでおり、 連れて帰ってきてしまいました。(撮ってるうちに飛び去りました)

アカタテハ | Vanessa indica | 神奈川県山北町
アカタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

早野にて

4月29日。
早野を散策した。

コミスジ | Neptis sappho | 川崎市麻生区
コミスジ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
コミスジ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
コミスジ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
菜の花で熱心に吸蜜しているコミスジ。今年初撮影。 もう少し絞って被写界深度を上げて撮るべきだったかな。
ツマキチョウ | Anthocharis scolymus | 川崎市麻生区
ツマキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ツマキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ツマキチョウも♂♀それぞれ撮れた。但し、さすがに発生末期なのか数は少なかった。
ベニシジミ | Lycaena phlaeas | 川崎市麻生区
ツマキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
菜の花で吸蜜中…ではなくて停まってるだけだったか。
キアゲハ | Papilio machaon | 川崎市麻生区
キアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
キアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
シバザクラにキアゲハが吸蜜に訪れた。 綺麗な個体…と思っていたけど、よく見たら左後翅にちょっと破損があった。(2枚目載せなきゃ判らないのにw)
クロアゲハ | Papilio protenor | 川崎市麻生区
クロアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
シバザクラにはクロアゲハも来た。シバザクラ、意外と人気あるのね。(ツマキチョウもシバザクラで吸蜜していた)
ジャコウアゲハ | Atrophaneura alcinous | 川崎市麻生区
ジャコウアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ジャコウアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
今年初見のジャコウアゲハですが、既に♂は破損個体が多かった。 見かけたのは♂ばかりで、♀はまだ未発生だったか?
クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
4月にクロヒカゲを見るのは初めてではないだろうか?出始めの1頭。 5月中旬には林内にありふれた蝶になるけど、この日は嬉しくなって執拗に追いかけまわした末にようやく撮影。

Home > タグ > クロアゲハ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る