Home > タグ > オオチャバネセセリ

オオチャバネセセリ

’18年6月9日:オオチャバネセセリ

6月9日。
前週に発生が確認できなかったオオチャバネセセリ。 そろそろ発生しているだろうと早野から寺家へ移動して探してみた。

クロヒカゲがまだ健在でした。

クロヒカゲ | Lethe diana | 横浜市青葉区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

もちろん、ヒカゲチョウも既に発生しています。

ヒカゲチョウ | Lethe sicelis | 横浜市青葉区
ヒカゲチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ゼフィルスでは、アカシジミとウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミが見られました。 写真は、ウラナミアカシジミとウラゴマダラシジミ。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 横浜市青葉区
ウラナミアカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 横浜市青葉区
ウラゴマダラシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

綺麗なルリタテハが居ました。 もう少し寄って撮りたかったので、しばらく行きつ戻りつしながら静止場所を探しているのを粘り強く待ちましたが、 結局気に入った場所が見つからなかったらしく、舞い上がって木立ちの向こうへ消えていきました。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市青葉区
ルリタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

オオチャバネセセリは2頭ほど見ていましたが、まったく撮れないままです。 例年一番よく見られるポイントを2往復、3往復してようやく見つけた3頭目でしたが、寄る前に飛ばれました。 (トリミングした) 結局、この日はこの1頭が最後でした。

オオチャバネセセリ | Zinaida pellucida | 横浜市青葉区カテゴリ
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウはだいぶスレていましたが、鉄製フェンスに執着して口吻を伸ばしているのが面白かったので レンズを向けてみました。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 横浜市青葉区
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’17年6月24日:寺家-オオチャバネセセリ

6月24日。
いろいろ所用があってフィールドに出たのは15時過ぎ。 オカトラノオに集まるメスグロヒョウモンとオオチャバネセセリが目的。

メスグロヒョウモンは見られなかったが、オオチャバネセセリはかなりの個体数が見られ、特に♂はかなり飛び古した個体が多くなっていた。

オオチャバネセセリ | Zinaida pellucida | 横浜市青葉区
オオチャバネセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オオチャバネセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
オオチャバネセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

とりあえず♂個体を押さえ、その後は鮮度の高そうな個体を狙うが、それらはいずれも♀個体。

オオチャバネセセリ | Zinaida pellucida | 横浜市青葉区
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG

時折♂♀が絡むが、交尾は成立しなかった。

オオチャバネセセリ | Zinaida pellucida | 横浜市青葉区
オオチャバネセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オオチャバネセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

偶然、飛び出しが撮れていることも。
特に、最後の1枚はお気に入りの1枚になった。

この日は他に、キマダラセセリ、ヒカゲチョウなどが見られた。

'17年6月中旬:寺家

6月17日。
早野から寺家へ移動。 オオチャバネセセリの発生が始まっていないかと期待。

早野では平地ゼフが1個体も見つからなかったが、寺家ではアカシジミの生き残りがあちら、こちらで見つかったほか、 ウラナミアカシジミも1個体だけ見ることが出来た。でも、早野で期待していたのはミドリシジミの♀だったんだよなあ。

アカシジミ | Japonica lutea | 横浜市青葉区
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 横浜市青葉区
ウラナミアカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG

あと、寺家でもヒカゲチョウは最盛期を迎えていたが、一方でクロヒカゲの生き残り個体数も やはり例年より多いように思えた。

クロヒカゲ | Lethe diana | 横浜市青葉区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG

例年オオチャバネセセリが見られるポイント周辺を往復したが、お目当てが見つからないまま車へ戻ることに。 うーん、まだ発生していないのかな?

あ!

車まであと15mというところで、オオチャバネセセリがようやく見つかった。

オオチャバネセセリ | Polytremis pellucida | 横浜市青葉区
オオチャバネセセリ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

ミドリシジミ♀は見られなかったものの、早野でメスグロヒョウモン、寺家でオオチャバネセセリが撮れたので満足して帰宅できました。

Home > タグ > オオチャバネセセリ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る