Home > タグ > ウラゴマダラシジミ

ウラゴマダラシジミ

ウラゴマダラシジミとアカシジミの幼虫

4月20日。
夕方16時過ぎから生田緑地へ。日が長くなったとはいえ、16時過ぎとなると蝶の姿は無い。

蝶は好きだけど幼虫の食樹の見分けがつかないのが悩みのタネでしたが、ようやくイボタノキの区別が付くようになり、ウラゴマダラシジミの幼虫を3幼見つけました。

ウラゴマダラシジミ(幼虫) | Artopoetes pryeri | 川崎市多摩区
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
ウラゴマダラシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
イボタノキ2株から3幼を見つけました。模様では3齢か終齢幼虫のようです。 体長は10mm強、終齢になりたてくらいでしょうかね?

アカシジミの幼虫も木道手摺り上を這っていました。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市多摩区
アカシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
終齢幼虫のようです。 木道手摺り上を這っていましたが、体長はまだ12~13mm程度でしたので食樹から落ちてしまったのでしょうか。

ネット上の飼育記録を参考にすると、どちらも終齢脱皮~蛹化までは10日前後、蛹化~羽化も10日~2週間程度のようです。 だとすると、5月早々にも蛹化、5月中旬には羽化してくる計算になります。 今年のゼフシーズンは相当前倒しになるのでしょうか。

その他

1月27日に見つけていたアゲハチョウ科の蛹。確認してみたら羽化済みでした。

アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み) | 川崎市多摩区
アゲハチョウ科の蛹(種不明/羽化済み)

未同定の蛾。

蛾(未同定) | 川崎市多摩区
蛾(未同定)

Home > タグ > ウラゴマダラシジミ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る