Home > タグ > イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

’18年5月26日:ミズイロオナガシジミの斑紋異常型

5月28日。
午後は、ミドリシジミを探すために新治から早野に移動した。

ミドリシジミは1頭しか見つからず、それも木道から距離が遠くて証拠写真が精一杯だった。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
かなり大胆にトリミングした。

むしろ、ミズイロオナガシジミの斑紋異常型が出迎えてくれた。

ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型) | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

もう1頭、ミズイロオナガシジミ。こちらの斑紋は通常。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

栗の木にアカシジミが来ていたが、もうだいぶボロボロだ。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市麻生区
アカシジミ
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミは見られなかった。

ハンノキ林の林床には。前週にも見られたヒメキマダラセセリ。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲが半開翅しました。 間もなくヒカゲチョウのシーズンという割りに痛みの少ない個体。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウの吸水個体が居たので、翅裏を撮った。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

最後にクロアゲハの吸蜜個体が現れたが、後翅が大破していた。

クロアゲハ | Papilio protenor | 川崎市麻生区
クロアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アワブキの葉にアオバセセリ幼虫の巣の跡はあるのですが、幼虫は居ない。

アオバセセリ(幼虫巣跡) | Choaspes benjaminii | 川崎市麻生区
アオバセセリ(幼虫巣跡
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月20日:オオミドリシジミ…は見られず。

5月20日。
平地性ゼフィルス6種目を求めて、横浜の蝶図鑑さんに教えていただいた新治市民の森のオオミドリシジミポイントを初訪問。 現地に着くと…、そこにはまさに、横浜の蝶図鑑さんご本人が。 様子を伺うと、「まだ発生してないようですねえ」ということで、しばらく待った後に一緒に移動することに。

ハンノキ林では発生の始まったミドリシジミを撮影している方が居ましたが、長靴無しの私には入っていけない場所だったので残念ながら拝めず。

綺麗なウラナミアカシジミが2頭見られました。 …2頭とも綺麗だと思っていましたが、並べると1頭目の方がややスレてますね。

ウラナミアカシジミ | Japonica saepestriata | 横浜市緑区
ウラナミアカシジミ
ウラナミアカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

綺麗なミズイロオナガシジミも1頭見られました。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 横浜市緑区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ルリシジミの集団吸水が見られました。20頭以上が10mほどの間に数グループに分かれて集まっていました。 個体数の多いグループに接近して撮ろうと思うのですが、どうしても接近中に何頭か逃げてしまう。 写真のグループも接近前は6~7頭居たのですが。

ルリシジミ | Celastrina argiolus | 横浜市緑区
ルリシジミ(集団吸水)
ルリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

その他の蝶・蛾

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 横浜市緑区
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

少し前からウラギンシジミの新生蝶が飛び始めていたが、吸水に1頭来ていたので撮影。

ウラギンシジミ | Curetis acuta | 横浜市緑区
ウラギンシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

キアシドクガ。

キアシドクガ | Lymantriinae Ivela | 横浜市緑区
キアシドクガ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月19日:ウラゴマダラシジミ

5月19日。
早野でのフィールドワーク後、前週に引き続き多摩川河川敷のイボタノキ群生地をウラゴマダラシジミ目的で再訪。 前週は♂の出始めという印象だったので、今回は♀が見られるにではないかと期待。

15時頃には着くかと思って移動したが、予想以上に時間がかかって15:30頃の現地到着。遅すぎる。 ウラゴの活動時間はまだ終わってませんでしたが、見られたのはスレた個体のみだったので、恐らく全部♂でしょう。 「♀を見る」という目的は達成できずに終わりました。

ウラオマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都日野市
ウラゴマダラシジミ
ウラゴマダラシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

♀は見られませんでしたが、鳥糞に向かって♂が飛びかかるようにダイブする様子を何度か目撃しました。 ♀と誤認しての行動だそうですので、♂の動きで♀の存在に気付くこともできそうですね。 来年も再チャレンジします。

他の蝶

ここでも、テングチョウとキタテハの新生蝶の姿が目立ちました。 また、イチモンジチョウも撮りました。

テングチョウ | Libythea celtis | 東京都日野市
テングチョウ
テングチョウ
テングチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
キタテハ | Polygonia c-aureum | 東京都日野市
キタテハ
キタテハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 東京都日野市
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

Home > タグ > イチモンジチョウ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る