Home > タグ > イチモンジセセリ

イチモンジセセリ

’17年10月8日:クロマダラソテツシジミ

10月8日。

9月下旬に三浦半島内でクロマダラソテツシジミが採集されているという情報に接したので、様子見に行ってみた。

ポイント(1)

ポイントの広い敷地内をざっとひと廻りしたが、食害形跡のあるソテツは見当らない。ここでは未発生かもしれないと半ば諦めかけましたが、運良く1♂だけ確認することができた。

クロマダラソテツシジミ | Chilades pandava | 神奈川県横須賀市
クロマダラソテツシジミ♂
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

クロマダラソテツシジミ以外では、ウラナミシジミやキタテハ、ヒメアカタテハが多く見られるはずのポイントでしたが、この日はウラナミシジミの個体数も少なく、キタテハ、ヒメアカタテハはまったく見られなかった。仕方なくイチモンジセセリなどを撮影していた。

イチモンジセセリ | Parnara guttata | 神奈川県横須賀市
イチモンジセセリ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

ポイント(2)

10kmほど離れた別ポイントへ移動。到着が16時近い時間になってしまったので成蝶の出現は望み薄のため、ソテツを丹念に見て回った。

ここでも、食害形跡のあるソテツは見当たらない。死骸がソテツの葉に引っかかっているのをひとつ見つけましたが、損壊が激しくて種の同定には至らない。

未同定シジミチョウの死骸 | 神奈川県逗子市
未同定シジミチョウの死骸
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

ソテツのチェックを全体の90%ほど終えたところで、ようやく食痕のあるソテツ1株だけ発見。 クロマダラソテツシジミの幼虫を大小16個体確認した。

クロマダラソテツシジミ(幼虫) | Chilades pandava | 神奈川県逗子市
クロマダラソテツシジミ(幼虫)
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

この時点で終齢幼虫が確認できたのだから、2週間後の10月21日頃に再訪すれば成蝶の発生が確認できるでしょうか。 (まさか、台風の影響で雨になるとは思っていなかった)

’13-14 越冬蝶探索 04:木場公園(江東区)探索

11月18日。江東区の木場公園に立ち寄った。

思っていた以上に大規模な公園で驚いたが、広場的なスペースが多く、樹木の大部分は周縁部に限られるので過剰な期待はしないようにした。 但し、約1時間ほどでは公園全域を回りきれずに南地区のみの探索となった。

越冬体勢のウラギンシジミを3頭も見つけた。 また、活動中のウラギンシジミ♀も1頭出てきて、翅を開いてくれた。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 東京都江東区
ウラギンシジミ
RICOH R8
ウラギンシジミ
RICOH R8
ウラギンシジミ
RICOH R8
ウラギンシジミ
RICOH R8

都市緑化植物園の花壇にはイチモンジセセリとウラナミシジミがまだ頑張っていた。

イチモンジセセリ | Parnara guttata | 東京都江東区
イチモンジセセリ
RICOH R8 ウラナミシジミ | Parnara guttata | 東京都江東区
ウラナミシジミ
RICOH R8

ひと通り巡って、帰りがけに「ムラサキツバメが居るとしたらここだろうなあ」と思った陽だまりのマテバシイを覗くと、なんとムラサキツバメ1頭が越冬体勢に入っていた。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 東京都江東区
ムラサキツバメ
RICOH R8

たった1頭の越冬塒ですが、この先どうなるのでしょうか。

Home > タグ > イチモンジセセリ

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る