Home > タグ > アカシジミ

アカシジミ

’18年5月26日:ミズイロオナガシジミの斑紋異常型

5月28日。
午後は、ミドリシジミを探すために新治から早野に移動した。

ミドリシジミは1頭しか見つからず、それも木道から距離が遠くて証拠写真が精一杯だった。

ミドリシジミ | Neozephyrus japonicus | 川崎市麻生区
ミドリシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
かなり大胆にトリミングした。

むしろ、ミズイロオナガシジミの斑紋異常型が出迎えてくれた。

ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型) | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ(斑紋異常型)
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

もう1頭、ミズイロオナガシジミ。こちらの斑紋は通常。

ミズイロオナガシジミ | Antigius attilia | 川崎市麻生区
ミズイロオナガシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

栗の木にアカシジミが来ていたが、もうだいぶボロボロだ。

アカシジミ | Japonica lutea | 川崎市麻生区
アカシジミ
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

ウラナミアカシジミ、オオミドリシジミは見られなかった。

ハンノキ林の林床には。前週にも見られたヒメキマダラセセリ。

ヒメキマダラセセリ | Ochlodes ochraceus | 川崎市麻生区
ヒメキマダラセセリ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

クロヒカゲが半開翅しました。 間もなくヒカゲチョウのシーズンという割りに痛みの少ない個体。

クロヒカゲ | Lethe diana | 川崎市麻生区
クロヒカゲ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

イチモンジチョウの吸水個体が居たので、翅裏を撮った。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 川崎市麻生区
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

最後にクロアゲハの吸蜜個体が現れたが、後翅が大破していた。

クロアゲハ | Papilio protenor | 川崎市麻生区
クロアゲハ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

アワブキの葉にアオバセセリ幼虫の巣の跡はあるのですが、幼虫は居ない。

アオバセセリ(幼虫巣跡) | Choaspes benjaminii | 川崎市麻生区
アオバセセリ(幼虫巣跡
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’18年5月12日:アカシジミ

一日一蟲さんの今年のアカシジミ初認日は5月5日だそうです。 検索してみると、他にもその頃からちらほらと初見報が出ています。 まさかの「GW中のゼフィルス発生」です。

「今年は例年より1週間~10日早い」という認識でしたが、 これを見て「今年は例年より2週間以上早い」に認識を修正することにしました。

…ということで、5月12日。
アカシジミが出ているなら、ウラゴマダラシジミももう出る頃だろうと、 早速5月5日に下見に行ったばかりの多摩川河川敷へ出かけたものの、 午前中とはいえ10時半過ぎの現地着ではウラゴマダラシジミがまったく出てきません。 そこで、夕方に再チャレンジすることにして、いったん桜ヶ丘公園に場所替えをしました。

桜ヶ丘公園に到着すると、駐車場のすぐ脇でアカシジミに遭遇しました。 1週間遅れですが、今年の初見です。

アカシジミ | Japonica lutea | 東京都多摩市
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

既に桜ヶ丘公園では、かなりの個体数のアカシジミが見られるようになっていました。 それでもまだ発生初期らしく、スレ個体も混じってはいるものの、綺麗な個体が多い。

アカシジミ | Japonica lutea | 東京都多摩市
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
アカシジミ
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX

クリの花は花穂は伸びているものの開花はまだで、代わりにヤマボウシの花に集まっていました。

アカシジミの個体数に対して、ウラナミアカシジミは見つけられませんでした。

他の蝶では、比較的綺麗なイチモンジチョウの訪花個体が居ました。

イチモンジチョウ | Limenitis camilla | 東京都多摩市
イチモンジチョウ
イチモンジチョウ
RICOH CX2

イボタノキにはアサギマダラが来ていました。

アサギマダラ | Parantica sita | 東京都多摩市
アサギマダラ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

トイレの壁に付いていた各種蛾。女子トイレの方にも何か居そうでしたが…。(もちろん入れないので未確認) これでけ蛾が集まるトイレなら、この公園ではウスタビガの空繭を何個も見つけたことがあるので、 晩秋に訪れると運がよければ見られるかもしれません。(忘れないようにメモ)

蛾 | 東京都多摩市
蛾
蛾
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM

’17年6月上旬:寺家・三輪-ウラゴマダラシジミ

6月3日。
午後やや遅めの昼食を摂った後、鶴見川対岸の寺家・三輪へ移動しました。

早野では数が見られないアカシジミがこちらでは多数見られるのはどうしたわけなのか。

アカシジミ | Japonica lutea | 横浜市青葉区・東京都町田市
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM + SIGMA APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG
アカシジミ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
アカシジミ
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
数が多いのは良いが、鮮度はもうだいぶ痛んでいる個体が多い。

ふと目を上げると、ウラゴマダラシジミが静止していた。今年初見。 これで一応、今年は平地産ゼフィルス6種をコンプリートできたことになる。 コンプしたのは初めてかもしれない。

ウラゴマダラシジミ | Artopoetes pryeri | 東京都町田市
ウラゴマダラシジミ
RICOH CX2

Home > タグ > アカシジミ

Feeds
Meta

ページの上部に戻る