Home > 月旬

月旬のアーカイブ

’17-18 越冬蝶観察(2):藤沢市大庭①②

11月11日と19日に、藤沢市大庭へムラサキツバメの越冬集団の形成状況を確認しに行きました。

藤沢市大庭①(’17年11月11日)

例年通りのルートで実績のあるポイントを巡回確認した。

まず、環境が変わった熊野社付近の旧あじさいポイントでは越冬集団は見られなかった。

次に城址公園のマテバシイのポイントを覗くと、ムラサキツバメの♀1個体が陽当たりの良い葉上でしばらく開翅した後、潜り込んだ先を確認すると2個体が並んでいた。

ムラサキツバメ(開翅・越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ♀開翅
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
しばらく周囲を飛び回った後、陽だまりでおもむろに開翅した。
ムラサキツバメ越冬集団
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ふいっと飛び出して潜り込んだ先を確認すると、先住者と2個体並んでいた。

次に聖ヶ谷のポイントへ移動。
墓地のシュロに越冬集団はありませんでしたが、近くに妙な場所を寝場所にした個体が居ました。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
気に入った場所を求めている様子でしたが、落ち着いた先はちょっと越冬場所としては奇妙な場所。 一夜限りの仮宿でしょう。

アオキの葉にもう1個体が見られましたが、「集団」は見られませんでした。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

次に七曲りのポイントに移動しましたが、ここでも越冬集団は見られず。

最後に神社境内のポイントに移動。 モクレンかアオキに集団が出来ることが多いポイントですが、ここでもモクレンの葉上に単独個体が静止しているのみでした。どうも、今年は越冬集団の形成が進んでいないようです。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

藤沢市大庭②(’17年11月19日)

翌週も別ポイントの確認の後、足を延ばしてみた。 前回と同じ順路で確認巡回していく。

まず、熊野社付近の旧あじさいポイント付近では相変わらず集団形成無し。

次に城址公園のマテバシイのポイントでも越冬集団は見られませんでした。 単独個体1個体のみ確認。

ムラサキツバメ | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

次に聖ヶ谷付近へ移動。墓地ポイントでは越冬集団は見られませんでしたが、里道ポイント側では5個体の小集団が出来ていました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(越冬集団)
SONY α77II + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
ようやく越冬集団形成が始まったが、もう少し個体数が増えて欲しいもの。

七曲りのポイントでは越冬集団は見られなかったので、神社境内ポイントへ。 モクレンの樹上2箇所に分かれて、単独個体と6個体の小集団が見られた。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県藤沢市
ムラサキツバメ(単独個体)
RICOH CX2
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
モクレンは落葉樹なので、この越冬集団の寿命は11月いっぱいくらいでしょうか。

小集団が2箇所で見られたとはいえ、ムラサキツバメ越冬集団の形成状況は例年と比べてあまり芳しくないようだ。

’17-18 越冬蝶観察(1):泉の森・ふれあいの森①②

’17-18の越冬蝶観察状況を観察地ごとにまとめます。
今季最初の観察地には、神奈川県大和市の泉の森とふれいあいの森を選びました。

泉の森・ふれあいの森①(’17年11月4日)

有名物件である野外教室広場の桑の大木には、今年もムラサキツバメの越冬集団が3箇所に分散して形成されていました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
5個体の小集団です。
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
4個体の小集団です。
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
葉裏側の個体も含めると、概ね12個体居るようです。

上の写真3枚は、いずれも磯玉網用の長柄の先に取り付けたCX2の「インターバル撮影機能」を使って撮ったものですが、 撮影中に刺激を与えすぎてしまったのか、12個体の最大集団が突然一斉に飛び出し、目の前で集団消滅してしまいました。

「しまった、寄りすぎたか」

と思っても後の祭りです。ガックシ。

なお、他の集団形成ポイントでは、残念ながらこの日は越冬集団を見出すことが出来ませんでした。

泉の森・ふれあいの森②(’17年11月25日)

11月25日にも、今季2度目の観察に泉の森・ふれあいの森を訪れました。

泉の森の野外教室広場の桑の大木では、前回と同様、今回も3箇所に分散して越冬集団が形成されていました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
中集団です。15個体くらいでしょうか。
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
こちらは20個体ほど居るようですが、この葉は前回消滅させてしまった集団が利用していた葉と同一です。 余程条件の良い葉なのでしょう。
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2
3個体の小集団です。

他のポイントでは、泉の森の第二駐車場付近のシュロの葉に3~4個体ほどの小集団が出来ていました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2

東名脇のアオキの葉でも、計3個体が、単独個体と2個体に分かれて越冬していました。

ムラサキツバメ(越冬集団) | Arhopala bazalus | 神奈川県大和市
ムラサキツバメ(越冬集団)
ムラサキツバメ(越冬集団)
RICOH CX2

なお、ふれあいの森のクヌギ、泉の森の古民家付近のアオキ、2年連続で3月まで越冬継続が観察されたハマユウなど、 他にも例年の観察で越冬集団形成の実績があるポイントがありますが、今年は今のところ越冬集団は形成されていません。 特にハマユウは3年連続を期待していただけに、ちょっと残念です。

’17年11月3日:クロマダラソテツシジミ再々々訪③

11月3日。
神奈川県下のクロマダラソテツシジミ発生ポイントの再々々訪③。 帰りがけに発生木のソテツを再チェックしてみたところ、まだ6個体の蛹が残っていました。

クロマダラソテツシジミ(蛹) | Chilades pandava | 神奈川県逗子市
クロマダラソテツシジミ蛹①
クロマダラソテツシジミ蛹②
クロマダラソテツシジミ蛹③
クロマダラソテツシジミ蛹④
クロマダラソテツシジミ蛹⑤⑥
SONY α77II + SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE  + Kenko teleplus 1.4x MC4 DGX
11月4日以降も、もう少しの間発生が継続するということですね。

⑤⑥の個体は真っ黒なので、最初は死亡蛹かと思っていましたが…、

クロマダラソテツシジミ(蛹) | Chilades pandava | 神奈川県逗子市
クロマダラソテツシジミ蛹⑤⑥
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
よく見ると羽化直前蛹のように見えなくもありません。どっちでしょうかね。

羽化個体も開翅個体も撮影できたので、この日の翌週以降、クマソ探索からムラツ越冬集団探索に切り替えていますが、 今回の発生個体数が少なくないこと、2011年には年末までクマソ発生が継続していたことを考えると、年内にもう一度様子を見に来ても良いかな?と思っています。

その他観察した蝶

クロマダラソテツシジミの羽化ラッシュが始まる前には、ウラギンシジミ♀の開翅写真などを撮っていました。

ウラギンシジミ | Curetis acuta paracuta | 神奈川県逗子市
ウラギンシジミ♀
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

逗子披露山公園では、パンジーの花に綺麗なアゲハが吸蜜に訪れていました。

アゲハ | Papilio xuthus | 神奈川県逗子市
アゲハ
アゲハ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

ホーム > 月旬

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る