Home > フィールド > 相模原市緑区

相模原市緑区のアーカイブ

栃谷坂沢林道(2)-黒系アゲハ

5月4日。
美女谷温泉から林道栃谷坂沢線を明王峠から相模湖駅へ下る登山道と交差する地点まで往復した。 (ついでに、明王峠から陣馬山山頂も往復した)

前回も書いたがオナガアゲハが多く、林道沿いの蝶道を次々と現れては飛び過ぎていく。 時折カラスアゲハ(ミヤマカラスアゲハ?)も混じっている。 しかし停まらない…。 採集なら飛んでるところへネットを振ればよいが、停まってくれないと撮れない。 吸水集団でも出来ていないかな…?

結局、あれだけの数の黒系アゲハたちが居たのに、この日は吸水集団を目にすることも無く、 数少ない撮影チャンスは林道の通行止めゲート手前の集落内のつつじの花くらいだった。

オナガアゲハ | Papilio macilentus | 相模原市緑区
オナガアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オナガアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オナガアゲハの数は非常に多かった。撮影に適したポイントが少なかったのが残念だ。

石積み擁壁上(頭上5mくらい)のつつじにミヤマカラスアゲハばかり3頭ほど来ていた。 見回すと擁壁の上へ登れそうだったので登ってみたところ、撮影アングルの自由度はそれほど無いが距離は確実に近くなった。 そうしてる間に3頭→1頭に減ってしまっていたが…。

ミヤマカラスアゲハ | Papilio maackii | 相模原市緑区
ミヤマカラスアゲハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
オナガアゲハほど多くはなかったが、このつつじの花には3頭も吸蜜に来ていた。 頭部が完全に花弁に埋もれてしまっている写真しか撮れなかったのが残念。

黒系アゲハ目的なら、林道を奥へ進まずに集落内のつつじの花の前で待っていたほうがチャンスは多かったと思われる。

栃谷坂沢林道(1)-トラフシジミ

5月4日。
美女谷温泉から林道栃谷坂沢線を明王峠から相模湖駅へ下る登山道と交差する地点まで往復した。 (ついでに、明王峠から陣馬山山頂も往復した)

渓流沿いの林道を歩き始めると、オナガアゲハやウスバシロチョウが次々と現れた。 「これは期待できそう!」と胸が高鳴るが、なかなか停まらない。 最初に撮影チャンスが訪れたのは春型のトラフシジミだった。

トラフシジミ | Rapala arata | 相模原市緑区
トラフシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
この蝶を撮ろうと新治市民の森や白金自然教育園へ出掛けては撮れずにいたが、 ここでようやく撮ることができた。
トラフシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
そのうちに開翅もしてくれた。もう少し前方から撮れたら良かったが、贅沢か。

幸先の良いスタートを切れた。

ギフチョウ以外の蝶(石砂山)

4月7日。
石砂山にて、ギフチョウ以外に出逢った蝶たちです。時系列ではありません。

コツバメ | Callophrys ferrea | 相模原市緑区
コツバメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
生涯初見!ギフチョウを待っていた梅林に現れた。
しかし、ちょこまかと忙しない子で、あっという間に居なくなった。
コツバメ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
山頂からの下山後にもう一度梅林を覗いてみた。 ギフチョウはもう現れなかったが、コツバメが一度に2頭出て来てくれた。(写真はそのうちの1頭)
コツバメ
WBが上がらないので内蔵フラッシュを炊いてみた。
スギタニルリシジミ | Celastrina sugitanii | 相模原市緑区
スギタニルリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
山麓にはスギタニルリシジミも多く見られた。写真はスギタニ2頭とルリシジミ1頭が仲良く並んで吸水しているところ。
スギタニルリシジミ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
この蝶を見たのは3度目ですが、今までの2度はGW明けに黒系アゲハを撮りに行った先で見たぼろぼろの個体なので、 綺麗な個体を見るのは初めて。実質的には生涯初見も同様なので嬉しかった。
ミヤマセセリ | Erynnis montanus | 相模原市緑区
ミヤマセセリ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
朝一番に、駐車場から歩き始めて真っ先に出逢った蝶はミヤマセセリの♂でした。
アカタテハ | Vanessa indica | 相模原市緑区
アカタテハ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ギフチョウを待っていた梅林に現れた越冬明けのアカタテハ。
ヒオドシチョウ | Nymphalis xanthomelas | 相模原市緑区
ヒオドシチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ヒオドシチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
石砂山の山上では、ギフチョウよりもミヤマセセリやヒオドシチョウが多かった。 ヒオドシチョウは昨年も牧馬峠に産卵個体を1頭見つけて、卵塊も観察しています。 今年は山頂以外でもちょっとしたピークには必ず2~3頭いた感じで「多いな」と感じました。

ホーム > フィールド > 相模原市緑区

Feeds
Meta

ページの上部に戻る