Home > フィールド > 川崎市多摩区

川崎市多摩区のアーカイブ

生田緑地のアオバセセリ <’15/04/29>

4月29日の生田緑地。
2年振りに生田緑地のアオバセセリに逢いに行った。(昨年も行ったがフラれた)

行ってみると、ヒメウツギのポイントにはフィールドノートのtheclaさんをはじめ見覚えのある同好者が何人も。(そろそろきちんと挨拶してお名前を覚えるようにしないと駄目かな?)

そしてお目当てのアオバセセリも何度かポイントに降臨してくれました。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
素早く動くのでシャッタースピードを早めにすると、やや暗めの環境なので露出はF2.8になってしまう。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

多少ピントを外すのを覚悟でゾーンAFで撮りまくって後からピックアップしたのですが、 ピントがまあまあ合っている写真は大体横向きの写真ばかり。難しい。

一番ピントがばっちり眼に合っていると思われる写真がフレームに収まっていなかったので、 思い切って頭部を中心にトリミングしてみた。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

現地ではLED懐中電灯の ThruNite® TN36 CW も使ってみた。 カメラ用、ビデオ用のLED照明とは違うので、皆さん興味津々で見ているようだった。

アオバセセリ | Choaspes benjaminii | 川崎市多摩区
アオバセセリ
アオバセセリ
アオバセセリ
LED懐中電灯を照射すると翅が通常の色とがらっと変わり、やや緑がかった輝きを放つ。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM+ThruNite® TN36 CW

これはこれで面白いんだけど、出来ればも少しニュートラルな色味に照射出来ないものだろうか。

アオバセセリのほかには、これまた常連のアオスジアゲハが吸蜜に訪れていた。

アオスジアゲハ | Graphium sarpedon | 川崎市多摩区
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

途中、園内も一周してみたところ、尾根筋の自然探勝路で毎年発生しているコジャノメに逢えた。

コジャノメ | Mycalesis francisca | 川崎市多摩区
コジャノメ
発生から少し経った個体らしく、ぴかぴかの完品とはいかなかった。
※SONY α77II+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

谷間の自然探勝路の木道手摺りをゼフィルスの幼虫が這っていた。 蛹化場所を探しているのか、運悪く落ちてしまっただけなのか。

ウラナミアカシジミ(?) | Japonica saepestriata | 川崎市多摩区
ウラナミアカシジミ(?)の幼虫
帰ってから調べたところ、どうやらウラナミアカシジミの幼虫らしい(?)
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

一周した後、ヒメウツギのポイントに戻ってもう一度アオバセセリの登場を待ったが、今度はなかなか来ない。 そのうちにお昼を過ぎたので、多摩川に移動することにした。

’14-15 越冬蝶探索|ジャコウアゲハ越冬蛹

3月25日。
16時過ぎから多摩川河川敷へ。

ほとんどの蝶は活動を休止して既に休息体勢に入っている時間帯だか、それでも多摩川河川敷なら念入りに探せばその休息個体が見つかることが多い。 モンシロチョウやベニシジミ、ツバメシジミを今年まだ見てないので、これらが探索ターゲットだ。

しかし、この日は30分ほど歩いても成果ゼロ。 もう出ていて可笑しくない時期だが、まだ個体数が少ないのか…? 折り返し地点の宿河原堰が見えてくるとさすがに焦ってくる。 何も見つからないnullで終わるくらいなら…、ジャコウアゲハ越冬蛹探しでもすることにしよう。

ジャコウアゲハ越冬蛹は人工物に付いてることも多い。 まず、最初のターゲットに選んだ人工物の白いポールにサッと上から下に目を走らせ、次いで裏側を覗き込んだ途端、
「あッ、1個見っけ」
早くも1蛹目の越冬蛹を発見。

ジャコウアゲハ越冬蛹 | Atrophaneura alcinous | 川崎市多摩区
ジャコウアゲハ越冬蛹 №01
1蛹目の発見時間は16:28。
※SONY α77II+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

このへんは多産地で探せば例年3~4蛹程度は見つかるが、これほどあっという間に見つかるとは思わなかった。 ところが、この日はこれで終わりませんでした。

ジャコウアゲハ越冬蛹 | Atrophaneura alcinous | 川崎市多摩区
ジャコウアゲハ越冬蛹 №02
2蛹目。人工物以外は探してなかったのに勝手に目に飛び込んできた。 人工物でない枝先で見つけたのは初めてかも。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №03
3蛹目も同じ樹の別の枝先。これも2蛹目の撮影中に勝手に目に入った。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №04
4蛹目は(不法?)耕作地の柵の下。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №05
5蛹目も耕作地の柵に付着。たぶん、この柵を念入りに探すとごろごろ見つかるんだろうな。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №06
5蛹も見つかったので探し方が雑になってきた。が、あっさり6蛹目が見つかる。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №07
7蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №08
8蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №09
9蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №10
10蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №11
11蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №12
12蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №13
13蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №14
14蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №15
15蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №16
16蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №17
17蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №18
18蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №19
19蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №20
20蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №21
21蛹目。写真見れば判ると思うけど、6蛹目~この21蛹目までの16蛹はすべて同じ人工物に付着。 この人工物では毎年1~2蛹見つかるけど、こんなに見つかったのは初めて。(探し方は同じ)
ジャコウアゲハ越冬蛹 №22
22蛹目。
ジャコウアゲハ越冬蛹 №23
23蛹目。帯糸が切れて垂蛹状態になってるw 他にも探せる場所はあるのですが、充分すぎる数を見つけたので探索はここで打ち切りました。
※SONY α77II+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

最終的に見つかったのはなんと23蛹! ちなみに最後の23蛹目を見つけたのは17:04。探索・撮影時間はわずか36分間。

探し方は例年と変わらないどころか、むしろ途中から雑になったくらい。 それでこの数…ということは、4月下旬から始まる今年の第1化は大発生なのかもしれない。

他に、既に死亡した蛹も3蛹見つけたので載せておきます。

ジャコウアゲハ死亡蛹 | Atrophaneura alcinous | 川崎市多摩区
ジャコウアゲハ死亡蛹 №01
ジャコウアゲハ死亡蛹 №02
ジャコウアゲハ死亡蛹 №03
3蛹とも赤黒く変色。 今までに見た他の蝶の死亡蛹は黒く変色していた例がほとんど。 赤く変色しているのが凄く印象的。
※SONY α77II+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

’14秋 生田緑地のクロコノマチョウ① (10/12)

10月12日。10月7日に何も見つけられなかった生田緑地へリベンジ探索に。 「居ないはずが無い!」のだから。

探し始めて間もなく、終齢幼虫を1個体発見。

クロコノマチョウ終齢幼虫 | Melanitis phedima | 川崎市多摩区
クロコノマチョウ終齢幼虫
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
ほーら、居た居た♪

ところが、この後が続かない。 幼虫、蛹ともに、なかなか見つからない…。

10分ほど経過した後、ようやく…。

…と、ジュズダマ根際の、しかも群落の向こう側に見えるのは蛹の抜け殻かな?

ん?

お?おおっ?
これは羽化直後個体だ!

クロコノマチョウ | Melanitis phedima | 川崎市多摩区
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
これはっ、羽化直後個体だ!
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
何とかもっと良く撮れんかね?と悪戦苦闘。ジュズダマ根際にカメラを潜り込ませてみた。
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
上の方から見下ろしてみたらどうかね?
クロコノマチョウ
SONY α77II + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
最後は覚悟を決めてジュズダマ群落の裏側に回って撮影。 足場が悪いのでEVFを覗いてる余裕なんぞ無いので、バリアングル液晶を見ながらの撮影。

蛹のすぐ脇にぶら下がっていたので羽化直後個体であることは一目瞭然ですが、 蛹が無くても触覚の向きを見れば羽化直後であることは分かります。

無理な体勢に疲れてしまったので、この子の撮影が終わったところで引き揚げた。

探索結果→終齢幼虫×1個体、羽化直後個体×1個体

ホーム > フィールド > 川崎市多摩区

Feeds
Meta

ページの上部に戻る