Home > フィールド > 横浜市緑区

横浜市緑区のアーカイブ

野鳥観察記録 <’15/02/14>

2月14日に新横浜公園と四季の森公園で出逢った野鳥たち。

まずは、新横浜公園でモンキチョウ撮影中、ムクドリの群れの中に毛色の違う鳥が混じっていたので 「何だろう?」と思って撮影したタヒバリ。

タヒバリ | 横浜市港北区
タヒバリ
初見ですが、これまでにも何となく”見覚えのある”鳥ではあります。 種名まで調べてなかっただけで、何度か見てはいるのかもしれません。
※: SONY α57+SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM

移動先の四季の森公園では、これまでになく近距離でジョウビタキ♀を撮る機会に恵まれた。

ジョウビタキ♀ | 横浜市緑区
ジョウビタキ♀
ジョウビタキ♀
ジョウビタキ♀の写真としては、今までで一番良く撮れた。
※SONY α77II +SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM +SIGMA APO TELE CONVERTER 2x EX DG

新治市民の森 <’15/03/28>

3月28日。
この日は、前週同様、コツバメとミヤマセセリ(♀)を目的に新治市民の森を訪れた。

コツバメ | Callophrys ferrea | 横浜市緑区
コツバメ
コツバメ
コツバメ
コツバメ
コツバメ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

コツバメは前回と同じポイントで、前回よりもじっくり時間をかけて撮影。 やや逆光気味で翅が暗くなりがちだったので、途中からThruNite® TN36を積極的に使ってみた。

ミヤマセセリ(♂) | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ(♂)
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

ミヤマセセリの個体数は順調に個体数を増やしていたものの、気温が高すぎるのかまったく停まる気配がなく、 撮影チャンスは結局この時1回きり。 目的の♀は1個体目撃したのみで、発生はまだこれからのようでした。

ヒオドシチョウ | Nymphalis xanthomelas | 横浜市港北区
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

この日は、ヒオドシチョウの個体数が多く、どこの谷戸へ行っても姿を見かけた。 芽吹きもまだの枝先で産卵!?というシーンもあったが、結局フリだけで産卵はしていない様子でした。

越冬蝶は他にキタテハ、ルリタテハ、テングチョウが多く見られた。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

越冬蝶では、そういえば今年はまだ1個体も越冬明けウラギンシジミに遭遇していません。 どうしたのでしょうか。

モンシロチョウ、ベニシジミは見かけましたが、撮影チャンス無しでした。 今年はモンシロチョウもベニシジミも未だ未撮影です。 前回3個体ほど見かけたルリシジミにも逢えませんでした。

新治市民の森にて(ミヤマセセリ、コツバメ ほか)<’15/03/22>

探蝶記事が2/14のモンキチョウ初見で止まっているうちに、世間ではギフチョウが飛び始めてしまったので、ちょっとカレンダーをすっ飛ばします。

3月22日。
天気が回復して気温も上がりそう。

「今日はコツバメとミヤマセセリが飛ぶ…!」

とほぼ確信して新治市民の森へ。 ここのミヤマセセリはここ数年お馴染みですが、コツバメは未見。 何とか今年こそコツバメに出逢いたいところです。

新生蝶

現地に到着してまず最初に現れたのがミヤマセセリ。 既に複数個体が発生していて♂同士で絡み飛ぶ様子も見られましたが、まだ数は少なく、飛び古した個体も見られず、予想通り発生初期でしょう。

ミヤマセセリ | Erynnis montanus | 横浜市緑区
ミヤマセセリ♂
定番の開翅日光浴。
ミヤマセセリ♂
この日最初に現れた個体。
ミヤマセセリ♂
ミヤマセセリ♂
写真としてはイマイチですが、ミヤマセセリの吸蜜行動は珍しいような…。
ミヤマセセリ♀
発生初期にも関わらず、予想外にも♀が現れました。 もうちょっとマシなところに止まってくれれば良いのに。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

ここ数年通うも未見だったコツバメ。念願叶って新治での初見が叶いました。 コツバメ自体も昨年の石砂山に次いでまだ2度目の出逢いです。

コツバメ | Callophrys ferrea | 横浜市緑区
コツバメ
コツバメ
素早い上に、重い180mmを手持ちで上に向けて撮っているので歩留まりが悪い。 手振れしたりピントを外した写真が多く、何とか見られる写真があって良かった。 次の機会にはもう少しじっくり撮りたいところ。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

ルリシジミも出始めており、3箇所で見かけました。 撮影できたのは2個体。

ルリシジミ | Celastrina argiolus | 横浜市緑区
ルリシジミ
ルリシジミ
どちらも縁毛が生え揃った新鮮個体。
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

新生蝶は他にモンキチョウとモンシロチョウをそれぞれ1個体ずつ見かけましたが、 撮影チャンスはありませんでした。 ベニシジミやツバメシジミ、スジグロシロチョウあたりも出てないかと期待していたのですが、 その姿無しでした。

越冬蝶

一方、越冬蝶はテングチョウ、ルリタテハ、キタテハ、キタキチョウ、ムラサキシジミが見られ、 一瞬でどちらか同定出来ませんでしたがアカタテハorヒメアカタテハも1個体現れました。

越冬蝶で一番個体数が多かったのがテングチョウ。撮影したのはそのうちのごく一部です。

テングチョウ | Libythea celtis | 横浜市緑区
テングチョウ
テングチョウ
テングチョウ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

ルリタテハは池ぶち広場付近に3個体ほど現れたうちの1個体が良いモデルになってくれました。

ルリタテハ | Kaniska canace | 横浜市緑区
ルリタテハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ルリタテハ
※SONY α57+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

キタテハの個体数はルリタテハよりも多かったが、お互い牽制し合って追い合うのであまり撮れていない。

キタテハ | Polygonia c-aureum | 横浜市緑区
キタテハ
キタテハ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

1個体だけ現れたムラサキシジミ。開翅…は残念ながらお預け。♂♀も不明。

ムラサキシジミ | Narathura japonica | 横浜市緑区
ムラサキシジミ
※SONY α77II+SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

キタキチョウの撮影チャンスはありませんでした。

ホーム > フィールド > 横浜市緑区

Search
Feeds
Meta

ページの上部に戻る