Home > 横浜市港北区 > モンキチョウ(’14初見)

モンキチョウ(’14初見)

3月12日。

この日は15時過ぎからFieldに出てみました。

出掛けた先は、横浜市港北区の新横浜公園です。例年、早くからモンキチョウが初見できるところで、今年も2/26にはmidoriさんが初見報告をされています。

新横浜公園の南縁沿いに、鳥山川側から鶴見川に向かって土手を巡ったところ、何とか休息体勢に入る直前のモンキチョウを見つけることが出来ました。

モンキチョウ | Colias erate | 横浜市港北区
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
近寄ろうとして飛ばれること3度。「これを逃すと次のチャンスは無いかも?」と追いかけ、 土手の反対側へ舞い降りたところでようやく撮影。葉かぶりしてますが、とりあえず撮れたことが大事。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
落ち着いたようなので反対側に回り込んでみました。まだ葉かぶりしています。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
何とか葉かぶりを解消しました。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
そのうちに、開き気味だった触覚が揃って来ました。 どうやら、この個体はこのまま夜を迎えるようです。

時間帯的に見つけられないことも覚悟して来たので、何とか1頭見られて大満足。
これでお仕舞いと思ったのですが、17時過ぎになって、何気なく覗き込んだ藪でもう1頭見つけました。

モンキチョウ | Colias erate | 横浜市港北区
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
翅が伸び切っていないようです。最初は翅を伸ばしている途中の羽化直後個体かと思っていました。 しかし、30分ほど待っても翅が伸びてきません。よく見ると翅の縁毛が擦り切れています。 どうやら羽化直後個体ではなかったようです。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
背後から、翅が伸びきっていない様子を撮ってみました。
モンキチョウ
SONY α57 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
だいぶ薄暗くなってきたので、内蔵フラッシュを炊いてもう一枚。 触覚が揃ってませんね。休息状態だと触覚を揃えるわけではないのかしら?

コメント:2

midori 2014年3月17日

15時過ぎからフィールドに出て、モンキチョウ撮影できて 良かったですね。気温がそれ程下がらなかったのですね。 新生蝶を撮影できると、シーズン幕開けを実感します(^_^)。 これからは、続々と春の妖精たちが登場してきますね。 忙しくなります・・・❗️ 私も見かけましたが、羽化不全はかわいそうでなりません。

Garuda 2014年3月18日

>midoriさん

コメントありがとうございます。
ダメ元で出たのですが、モンキチョウに出逢えて良かったです。

羽化不全個体は、何とか飛翔できそうな程度には伸びていたので、健気に生きていってくれるでしょう。
昨日は浜松でギフチョウ初見の速報が出てましたので、いよいよシーズン開幕ですね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://field-notebook.net/24/trackback
トラックバックの送信元リスト
モンキチョウ(’14初見) - field-notebook.net より

Home > 横浜市港北区 > モンキチョウ(’14初見)

Feeds
Meta

ページの上部に戻る